有料会員限定

顧客との接触NG、生保販売員の苦悩 誌上座談会|従来どおりのやり方は通用しない

印刷
A
A

コロナ禍で保険営業は既存の手法の見直しを迫られた。どう活路を見いだすか。現役販売員に聞いた。

写真はイメージです(kou/PIXTA)

特集「生命保険の罠」の他の記事を読む

新型コロナウイルスによる不安の高まりで、生命保険を見直す人が出た一方、そうした顧客に商品を勧める販売員も、従来のような顧客と対面で接する販売スタイルの見直しを迫られた。

コロナ禍で営業現場はどう変わり、環境急変にどう対応したか。現役販売員4人に聞いた。(個別の取材を基に座談会形式で構成)

[参加者PROFILE]  
Aさん…大手生保職員(30代男性)
Bさん…大手生保職員(30代女性)
Cさん…保険ショップ幹部(50代男性)
Dさん…外資系生保職員(40代男性)

売り上げが半分以下に

──新型コロナで保険営業の収益環境はどう変わりましたか。

A 4〜5月の自粛期間中は通常のような営業活動ができず、会社全体では売り上げが昨年比5割以下に落ち込んだ。緊急事態宣言の解除後はその反動で、昨年比2倍以上のペースに売り上げが回復したが、年間を通してみると、やはり売り上げは落ちるだろう。

販売員の中には、顧客と直接会わずにオンラインで営業することに抵抗を感じる人がいまだにおり、そういう人は売り上げが戻っていない。コロナ禍でお客様の収入の見通しが不透明になっていることも保険販売には逆風だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
生命保険の罠
Part3 総点検|ジャンル別に診断
家計経済のプロが教えます
通信費よりも多い保険料
お得でない商品が売れたワケ
35年前の内部告発本は語る
外貨建て保険は欠点だらけ
高齢者を狙い撃ちする外貨建て生命保険
外貨建て保険の営業現場で体験したこと
「外貨建て保険」にご用心
Part2 生命保険で運用は大間違い
誌上座談会|従来どおりのやり方は通用しない
知っていれば、むやみに恐れる必要はない
病気への備えは保険より貯蓄
先進医療特約の罠
統計からわかる日本におけるコロナの真実
大手生保&保険ショップ&郵便局
自然災害では生保よりも損保が助けに
Part1「コロナだから生命保険」に騙されないで
保険の本質は「損な賭け」
緊急寄稿|「3つの密」の回避が不可欠
生命保険の罠
総チェック その保険契約、本当に必要ですか?
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内