3年目の「アベノミクス相場」は期待薄?

過去2年と異なる、年末の下落をどう読むか

クリスマス明けのNY証券取引所は2日続けて5億株台の出来高で、年末ラリーは不発の様相だ。

動かなかったヘッジファンド勢

筆者が聞いたある事業法人系の話では「今年はカレンダーの並びで、長期休暇を取る人が多く、実質クリスマス休暇明けは来年(2015年)の1月5日だよ」とのことだった。

ご存じの通り、欧米人には正月休みと言う感覚はなく、クリスマス休暇明けからバリバリ仕事を始め、申し訳程度にニューイヤーの1月1日を休むだけ。ところが今年は1月2日が金曜日なので多くの方が2日も休んで4連休として、あたかも日本の正月休みのよう。するとクリスマス明けで仕事をしてもすぐに4連休が来るので、例年通りの盛り上がりはない、クリスマス明けの3日間も休んで長期休暇の方も多いとのことだった。

これに対して、あるヘッジファンド系の情報によると、「とんでもない。こんな良い相場の時に休んでいられますか。クリスマス休暇明けの29日からは活発になりますよ」だったのである。

日本の多くの投資家もヘッジファンドの動きに期待した。結局、フタを開けて見たらこの事実。大体マーケット関係者の話はあてにならない(笑、筆者も一応マーケット関係者である)

ダウの呪い?「PERの縛り」は生きている

しかし、日本株について警告してきた「ダウの呪い」(ダウ平均のポインを日経平均が抜いたり接近したりする時、日経平均の目先天井となる)は生きている。

昨年12月8日の日経平均の終値は1万7935円64銭、ダウは1万7852ドル48セント。見事に1日だけ日経平均がダウを抜き、そしてこの日が目下のところ日経平均の高値になっている。

これは蓋然性のない、まさにアノマリーだが、一方で「PER(株価収益率)の縛り」には理屈がある。簡単に言えば、世界独り勝ちアメリカ経済のPERを、借金だけが「世界一の人口減少国」日本が抜くのはおかしいということだ。現在のダウの予想PERは16倍(ブルムバーグ)だが、12月8日の日経平均予想PERは16.82倍。大納会時点では15.96倍で、これも見事に収まったのである。

このことから考えると、2015年の相場の柱の一つが、低PER、低PBR(1株純資産)銘柄、いわゆる「割安株の水準訂正」ということになる。高配当利回り銘柄も物色されるだろう。さらにまだまだ他の柱もありそうだ。この辺については、1月4日のコラムで分析してみたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT