有料会員限定

最初はつみたてNISAとiDeCoをフルに活用しよう! 使うと得する2つの制度

印刷
A
A
(Vladyslav Starozhylov/PIXTA)

特集「資産運用マニュアル」の他の記事を読む

将来、積極的な資産運用を考えているにしても、まず今押さえておきたいのが、「iDeCo(個人型確定拠出年金〈イデコ〉)」と「つみたてNISA(少額投資非課税制度、以下つみたて)」の両制度だ。「ともに、定額積み立てで資産増を狙うもの。国民の権利でもあるので使うのはマスト」と話すのは、アセット・アドバンテージ代表で確定拠出型年金アドバイザーの山中伸枝氏。両制度では、さまざまな税制優遇を受けられるからだ。

iDeCoは20歳以上60歳未満の人が加入できる私的年金制度。会社員や公務員、自営業者、専業主婦(夫)と、ほぼすべての人が始められる。加入年金や立場により掛け金の上限は異なり、その範囲内で定期預金・投資信託・保険を定額で積み立てる。運用益が非課税になるばかりか、掛け金は全額所得控除になる。受取時は一時金(一括)なら退職金扱い、年金だと公的年金扱いになるが、これらも控除の対象だ。

一方、つみたては年上限40万円・最長20年間の積み立て投資の運用益が非課税になる制度。手数料が安く、長期・積み立て・分散に適すると金融庁が認めた173本の投資信託が対象だ(2月時点)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
資産運用マニュアル
インタビュー/アパグループ代表 元谷外志雄
庶民には手の届かないサービスが花盛り
金持ちに狙いを定めて徴税強化
年代と資産規模で分かれる
PART3 富裕層|貯めたお金を上手に守る
決め手は物件選びと分散投資
本業のスキルを資産形成に生かす
インタビュー/みらいワークス 社長 岡本祥治
本業で稼ぐためのヒント
株式投資で私設取引システムを利用
PART2 アッパーマス層|「賢い運用」で狙う資産5000万円超え
「浪費」を削減する3ステップ
iDeco、NISAの次はこれだ
使うと得する2つの制度
PART1 マス層|老後資産づくりのはじめの一歩
長期投資のメリットをすべて享受する
資産運用マニュアル
お金の殖やし方&守り方
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内