有料会員限定

保険、製薬が渇望する医療ビッグデータ始動 医療|焦点は遺伝情報の取り扱い

印刷
A
A

特集「データ階層社会」の他の記事を読む

遺伝子の状態を、体に傷をつけずに画像だけで解析できるようになるかもしれない。

産業技術総合研究所の瀬々潤・招聘研究員は、磁気共鳴断層撮影(MRI)による脳腫瘍(しゅよう)の画像と遺伝子解析の結果を人工知能(AI)に読み込ませてきた。AIは「学習」を重ね、最近は画像だけで遺伝子の変化を予測できるようになったという。

「これまでは頭をパックリと開けて腫瘍部を取り出し、やっと遺伝子解析ができた。今後は頭を開けずに画像だけで解析ができ、患者に最適な治療法を提示できるようになるかもしれない」(瀬々氏)

脳腫瘍を取り出す手術は時に神経マヒなどの後遺症を残す。画像だけでの遺伝子解析が可能になれば、手術せずに最適な治療の判断ができるようになる。患者の心身への負担も軽減できる。

国立がん研究センター研究所の加藤護・部門長は、約40種類のがん患者約3000人、約2万2000種類の遺伝子の変異と生存率のデータをAIに学習させてきた。その結果、「肝細胞がんでこの遺伝子に変異があると、3年後の生存率はおおよそこのぐらい」といった予測が立てられるようになってきた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
データ階層社会
参考になる一方で悩みを深めることも
GAFAにあらがう(2)欧州
GAFAにあらがう(1)米国
顧客評価で事実上の解雇も
AI時代に不可欠な再分配論
新たな在留資格を設定へ
データ階層社会をどう生きるか(2) 野口悠紀雄
データ階層社会をどう生きるか(1) 橋田浩一
治安|広がるAIの犯罪予測
教育|AIによる学習順指南も
医療|焦点は遺伝情報の取り扱い
恋愛・結婚 |普及する恋活・婚活アプリ
就職|最後は人間の目が必要
Interview|『AIと憲法』編著者 山本龍彦
着実に進む「格付け社会」化
中国リポート
シンガポール ルポ
国家や人権は「虚構」 ハラリ氏大著を読み解く
ビジネスにも生きる大局観
Interview|『ホモ・デウス』著者 ユヴァル・ノア・ハラリ
データ階層社会
あなたもAIに選別される
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内