有料会員限定

経験や勘は古い? 誕生目前のAI刑事 治安|広がるAIの犯罪予測

印刷
A
A
警視庁は11月、味の素スタジアムでAIの実証実験を行った(Koki Nagahama/Getty Images)

特集「データ階層社会」の他の記事を読む

トム・クルーズが主演し、スティーヴン・スピルバーグが監督した2002年公開のハリウッド映画『マイノリティ・リポート』。未来の警察が舞台の同作品の中で、こんな一幕がある。

「24分13秒後の午前8時4分に殺人が発生する。被害者はサラ・マークスとドナルド・ドゥービンのカップル。加害者はハワード・マークスという白人男性。犯行場所は不明」

予知能力者「プリコグ」が、近く起きるであろう殺人事件を予告するシーンだ。トム・クルーズが演じる犯罪予防局の刑事は事件の直前に現場に赴き、白人男性による殺人を阻止する。プリコグを使った犯罪予知システムにより、「2054年のワシントンDCの殺人発生率はゼロになった」という世界を映画は描いている。

未来に起こる犯罪を予言する──。こんなSFのような取り組みが、現代の先端テクノロジーである人工知能(AI)によって、実現に向かいつつある。

東京都の治安を担う警視庁は4月、「犯罪・交通事象・警備事象の予測におけるICT活用の在り方に関する提言書」をまとめた。現場の警官の経験や勘に頼っていた捜査を、AIによるデータ活用にシフトする狙いが背景にある。提言書の中では、「データを使った犯罪の予測」「交通事故の予測」「不審者の発見」という3点に重点を置き、今後の活用を模索する方針を示した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
データ階層社会
参考になる一方で悩みを深めることも
GAFAにあらがう(2)欧州
GAFAにあらがう(1)米国
顧客評価で事実上の解雇も
AI時代に不可欠な再分配論
新たな在留資格を設定へ
データ階層社会をどう生きるか(2) 野口悠紀雄
データ階層社会をどう生きるか(1) 橋田浩一
治安|広がるAIの犯罪予測
教育|AIによる学習順指南も
医療|焦点は遺伝情報の取り扱い
恋愛・結婚 |普及する恋活・婚活アプリ
就職|最後は人間の目が必要
Interview|『AIと憲法』編著者 山本龍彦
着実に進む「格付け社会」化
中国リポート
シンガポール ルポ
国家や人権は「虚構」 ハラリ氏大著を読み解く
ビジネスにも生きる大局観
Interview|『ホモ・デウス』著者 ユヴァル・ノア・ハラリ
データ階層社会
あなたもAIに選別される
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内