有料会員限定

運命の人はAIで探す 恋愛・結婚も同質化? 恋愛・結婚 |普及する恋活・婚活アプリ

印刷
A
A
(タカス / PIXTA)

特集「データ階層社会」の他の記事を読む

渋谷区在住の仁田坂淳史さん、裕梨さん夫妻(共に32)。結婚に至る出会いのきっかけを作ってくれた仲人は、AI(人工知能)だ。

裕梨さんは都内の病院で助産師として働く。出会いが医療業界の人に限られると感じていたことや30歳ごろまでに結婚したいと考えたことから国内最大手の恋活・婚活マッチングアプリ「Pairs(ペアーズ)」に登録した。

一方の淳史さんは、出版系ベンチャー企業を経営する編集者だ。「高校時代に彼女がおらず、告白して振られることも多かった。人より努力しないと彼女ができない恋愛弱者だと感じていた」。

「いいね!」を送ったのは裕梨さん。淳史さんのプロフィールを見て「顔が好みではない」と感じたが、AIの判断する相性度が92%と群を抜いて高かったこともあり、思い切ってアプローチした。

筋トレや好きな音楽など趣味が一致していることはわかっていたが、実際に会うと「お酒を飲まなくても会話が途切れない」(淳史さん)と相性のよさを感じた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
データ階層社会
参考になる一方で悩みを深めることも
GAFAにあらがう(2)欧州
GAFAにあらがう(1)米国
顧客評価で事実上の解雇も
AI時代に不可欠な再分配論
新たな在留資格を設定へ
データ階層社会をどう生きるか(2) 野口悠紀雄
データ階層社会をどう生きるか(1) 橋田浩一
治安|広がるAIの犯罪予測
教育|AIによる学習順指南も
医療|焦点は遺伝情報の取り扱い
恋愛・結婚 |普及する恋活・婚活アプリ
就職|最後は人間の目が必要
Interview|『AIと憲法』編著者 山本龍彦
着実に進む「格付け社会」化
中国リポート
シンガポール ルポ
国家や人権は「虚構」 ハラリ氏大著を読み解く
ビジネスにも生きる大局観
Interview|『ホモ・デウス』著者 ユヴァル・ノア・ハラリ
データ階層社会
あなたもAIに選別される
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内