有料会員限定

データ預かる情報銀行 信用スコアに展開も 着実に進む「格付け社会」化

印刷
A
A
総務省で開催された情報銀行認定の説明会には多業種が詰めかけた

特集「データ階層社会」の他の記事を読む

10月中旬、東京・霞が関にある総務省の地下講堂を、スーツ姿のビジネスパーソンが埋め尽くした。この日開催されたのは総務省とIT業界団体「日本IT団体連盟」(会長=川邊健太郎ヤフー社長)が開いた「情報銀行認定」に関する説明会だ。金融やメーカー、ITなど、当初想定を大幅に超える約200社、400人超が朝から詰めかけた。

情報銀行とは、個人から買い物の履歴など個人情報を預かり、本人の同意を得たうえで活用したいほかの企業に提供するサービスのことだ。2017年に施行された官民データ活用推進基本法に基づき、内閣官房IT総合戦略室や総務省の情報通信審議会で検討が重ねられ、任意の事業者認定制度が実施されることが望ましいとされた。日本IT団体連盟がこの審査・認定を担い、来年3月には認定第1号を出す予定となっている。

政府が情報銀行の事業化を後押しする背景には、米国の巨大IT企業「GAFA」(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)の存在がある。サービスの利用時、検索履歴や購買履歴、位置情報などの個人情報が収集され、一部は第三者に提供されている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
データ階層社会
参考になる一方で悩みを深めることも
GAFAにあらがう(2)欧州
GAFAにあらがう(1)米国
顧客評価で事実上の解雇も
AI時代に不可欠な再分配論
新たな在留資格を設定へ
データ階層社会をどう生きるか(2) 野口悠紀雄
データ階層社会をどう生きるか(1) 橋田浩一
治安|広がるAIの犯罪予測
教育|AIによる学習順指南も
医療|焦点は遺伝情報の取り扱い
恋愛・結婚 |普及する恋活・婚活アプリ
就職|最後は人間の目が必要
Interview|『AIと憲法』編著者 山本龍彦
着実に進む「格付け社会」化
中国リポート
シンガポール ルポ
国家や人権は「虚構」 ハラリ氏大著を読み解く
ビジネスにも生きる大局観
Interview|『ホモ・デウス』著者 ユヴァル・ノア・ハラリ
データ階層社会
あなたもAIに選別される
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内