有料会員限定

狙いはフェイスブック? GDPR制裁金の行方 GAFAにあらがう(2)欧州

印刷
A
A
アップルのクックCEOはブリュッセルの国際会議で、GDPRの成立に歓迎の意を表明した(AP/アフロ)

特集「データ階層社会」の他の記事を読む

「多額の制裁金が科される第1号案件は、どの企業になるのか」──。目下、世界のIT・法律関係者の間で話題になっているのが、GDPR(一般データ保護規則)の制裁対象として、どの企業が最初の“血祭り”に上げられるかだ。

5月のGDPR施行後、英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズでの約38万件の顧客情報流出、フェイスブックでの2900万人の個人情報流出などが、すでに明らかになっている。

「欧州の当局は見せしめ的に制裁を科すことがある。何も起きなければ肩透かしだ」。PwCコンサルティングの山本直樹パートナーが指摘するように、欧州の動きに世界が注目している。

EU(欧州連合)が個人情報の保護を目的に施行したGDPR。これまでにない厳しい個人情報の保護をうたい、人権への意識が高い欧州ならではの内容が特徴だ。中でも注目されているのが制裁金の大きさだ。

「情報漏洩を監督機関に迅速に報告しなかった」「法で定められているデータ保護責任者(DPO)を選任していない」といった場合には、最大で当該企業の世界売上高(年間)の2%もしくは1000万ユーロ(約13億円)のいずれか高いほうが科される。さらに「個人データ処理の原則を守らなかった」「監督機関の命令に従わなかった」といった場合には、最大で当該企業の世界売上高(年間)の4%もしくは2000万ユーロ(約26億円)のいずれか高いほうが科される。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
データ階層社会
参考になる一方で悩みを深めることも
GAFAにあらがう(2)欧州
GAFAにあらがう(1)米国
顧客評価で事実上の解雇も
AI時代に不可欠な再分配論
新たな在留資格を設定へ
データ階層社会をどう生きるか(2) 野口悠紀雄
データ階層社会をどう生きるか(1) 橋田浩一
治安|広がるAIの犯罪予測
教育|AIによる学習順指南も
医療|焦点は遺伝情報の取り扱い
恋愛・結婚 |普及する恋活・婚活アプリ
就職|最後は人間の目が必要
Interview|『AIと憲法』編著者 山本龍彦
着実に進む「格付け社会」化
中国リポート
シンガポール ルポ
国家や人権は「虚構」 ハラリ氏大著を読み解く
ビジネスにも生きる大局観
Interview|『ホモ・デウス』著者 ユヴァル・ノア・ハラリ
データ階層社会
あなたもAIに選別される
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内