有料会員限定

次世代自動車の中枢担う車載半導体 ルネサスは1兆円の巨額買収

印刷
A
A
ルネサスの車載情報システム用SoC「R-Car」。次世代自動車の「脳」に多数使われている

特集「クルマの新主役」の他の記事を読む

自動車市場における半導体の役割が飛躍的に高まっている。100年に1度の変化といわれる中、今や次世代自動車実現のカギは、半導体が握っているといっても過言ではない。

自動車市場でこれまで半導体が果たしてきた役割は、電動ブレーキや電動窓など自動車の特定部分における電装化だった。半導体メーカーの立ち位置も、独ボッシュや独コンチネンタル、デンソーといった上位のサプライヤー(ティア1=一次請け)に個別部品を納入する「部品屋」だった。

しかし近年では、半導体メーカーが完成車メーカーと協業するケースが相次ぐ。米エヌビディアは2017年に独フォルクスワーゲン、トヨタ自動車など自動車大手との協業を次々に発表。米インテルも16年に独BMWとの提携を発表した。完成車メーカーがティア1を通さず、半導体メーカーと手を組む動きが加速している。

自動車メーカーは、自動車という「機械」に対するノウハウは豊富だが、半導体のような「デジタル」のスペシャリストではない。次世代自動車を実現するためには、デジタルのスペシャリストである半導体メーカーを頼らざるをえない状況にあるのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内