有料会員限定

次世代自動車はすべてが商機 沸き立つ日本の電子部品 「スマホの次」を掘り起こせ

印刷
A
A

自動車向けに使われる電子部品が活況を呈している。スマートフォンやパソコン向けの需要が踊り場を迎える中、大手各社では車載向け製品が業績を牽引。電子部品業界全体の用途別構成比を見ても、自動車向けは29.6%を占め、すでに通信機器向けを上回っている(2018年4~6月期、JEITA調べ)。

見本市に登場したコンセプトカー

10月中旬に開かれた家電・ITの見本市「CEATEC JAPAN」。今年はメガバンクやコンビニなど異業種からの出展が話題になったが、より大きなスペースに陣取っていたのが、電子部品メーカーだ。中でも各メーカーが自ら自動車やその一部を展示していたスペースに、来場者の関心が集まっていた。

カメラモジュールなど幅広い製品群を手掛ける京セラは、電気自動車(EV)ベンチャーのGLMと共同開発したコンセプトカーを展示。自動運転やADAS(先進運転支援システム)に使われる計12種類のデバイスやシステム、素材を実装していることをアピールした。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内