ソニー、パナの明暗 家電大手もついに自動車市場に本腰

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 最新
拡大
縮小

業界の垣根を越えた自動車市場の戦いに家電大手も名乗りを上げている。代表格が国内家電大手のソニーとパナソニックだ。

ソニー|自動運転の命綱、センサーを拡販

ソニーが力を入れるのは、自動運転車の「目」、センサーだ。スマートフォンのカメラ向けを中心に世界シェア5割超(IHSマークイット調べ)を持つ半導体「CMOSイメージセンサー」を車載分野に応用。道路標識、歩行者などの識別に必須の車載用のカメラを手掛けるティア1(1次請けメーカー)向けに売り込んでいる。

今年1月に北米で開催されたCES(国際家電見本市)では、トヨタ自動車、日産自動車、韓国の現代自動車、起亜自動車の計4社と車載センサーで協業関係にあると発表。吉田憲一郎社長は中期経営計画の中で、車載向けセンサーを「2020年代のソニーの社会貢献の柱」と位置づけた。

ただ、16年に専門部署ができたばかりのソニーの車載向けシェアは5%。米オン・セミコンダクター、米オムニビジョン・テクノロジーズの2社が市場の8割近くを握る。採用実績を重んじる自動車業界で、新参者のソニーが勝つのは容易ではない。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内