有料会員限定

トヨタを引き入れた新主役 ソフトバンクが狙うデータ覇権 »»PART2 IT企業が自動車データに照準 主役争奪バトル

印刷
A
A

トヨタを引き入れた新主役

「モビリティ関連のAI(人工知能)企業への投資は、中核をなすほど大きな塊だ」

10月4日に行われたトヨタ自動車との提携会見で、孫正義会長兼社長は、ソフトバンクグループ(SBG)とソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)が出資する自動車関連の企業群を背後のスクリーンに映し出し、力を込めてそう語った。

新たなモビリティサービスの構築を目指し、IT企業との連携を急ピッチで進めるトヨタの豊田章男社長が、「ドアを開けたら(出資をしたら)必ず孫さんがいた」と話したように、SBG、SVFの投資先は多岐にわたる(下図)。

数ある中でも特に力を入れるのが配車アプリだ。世界4強のウーバー・テクノロジーズ(米国)、滴滴出行(中国)、グラブ(シンガポール)、オラ(インド)のすべてに巨額投資し、筆頭株主になっている。

同日の会見で、孫社長はこれらの配車アプリについて、「乗車回数は4社で世界の9割のシェアがあるのでは」と述べ、「今後はライドシェアが自動運転の市場で圧倒的最大になる。われわれのファミリーカンパニーが世界でこれだけの市場を持っていることに意味がある」と満足げに語った。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内