有料会員限定

内幕1|創価学会 「創価マネー」の巨大経済圏、墓苑では進出先と軋轢も

印刷
A
A
創価学会の三色旗(撮影:梅谷秀司)

特集「宗教 カネと権力」の他の記事を読む

セミがせわしげに鳴き、時折、ウグイスのさえずりも聞こえる新潟県柏崎市久米(くんめ)の山中──。ここで今、創価学会(原田稔会長)が2019年11月の完成を目指し「牧口記念墓地公園」の工事を進めている。学会の墓苑事業では全国15番目。66万平方メートルの敷地に墓石2万個が並ぶ巨大計画だ。ここから北に15キロメートルほどの場所には初代会長の牧口常三郎が生まれ育った旧荒浜村(現・柏崎市)がある。その名が示すとおり、今回の墓苑計画は学会にとって意義深いものであるに違いない。

とはいえ、この地で着工に至るまでにはかなりの曲折があった。

県内で最初に計画が持ち上がったのは1990年代後半。場所は旧小国(おぐに)町(現・長岡市)である。が、町議会の同意を得たものの町民の反対論が根強く、事態は議会解散を求める住民投票にまで発展。00年5月、計画は断念された。次に候補地となったのは旧能生(のう)町(現・糸魚川市)。しかし、ここでも反対の声が強く、結局、05年2月に撤退を決めている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
宗教 カネと権力
「それでも宗教が果たすべき役割はある」
文化、教育、医療を支える「日本のバチカン」の憂鬱
覆面座談会
有名教団で内紛続発 宗教でも「3代目の法則」
5学会共同で作成したガイドラインが奏功
日本の苛烈献金が韓国の教祖一族を潤す
奇抜な広告宣伝の狙いは戦略的なマーケティング
大学の6校に1校が宗教系
宗教都市化する立川市、勝ち組教団の財力を解剖
税逃れから墓地経営まで目的さまざま
覆面座談会
豊富な資金で自己演出 離婚騒動で曲がり角
あの教団は誰とつながっているか
戦争世代減少で細る収入 靖国神社は生き残れるか
収益拡大、若年層取り込みに躍起
学会系企業の社長会議事録
墓地ビジネスの原点
「創価マネー」の巨大経済圏、墓苑では進出先と軋轢も
主流派の保有資産は10億円超
国税庁OBが解説
「社会の信頼なしに信教の自由は守れない」
「信教の自由」不可侵が隠れみのに
宗教界のタブー解明
深見東州「奇抜な広告の狙いは戦略的なマーケティング」(2018年8月配信記事より)
海外の著名政治家、音楽家を招く異形の宗教家
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内