有料会員限定

Interview|上智大学教授 島薗進 「それでも宗教が果たすべき役割はある」

印刷
A
A
しまぞの・すすむ●1948年生まれ。東京大学文学部卒。東大教授(宗教学)などを経て現職。上智大学グリーフケア研究所長。専門は近代日本宗教史、死生学。(撮影:尾形文繁)

特集「宗教 カネと権力」の他の記事を読む

オウム真理教という宗教団体の特徴は、高学歴の20代男性が多かったことだ。まだ社会経験の少ない若者を出家という形で一般社会から切り離し、勢力拡大のために攻撃的に動く。攻撃的な宗教運動は1970年代から世界的に目立つようになってきた。オウム事件は日本の特殊ケースとみられがちだが、事件当時から米国の研究者たちは強い関心を持っていた。実際、数年後にはニューヨークで同時多発テロが起きている。そうした世界的潮流の中でとらえる必要がある。

共通点は、世界の終わりは近い、現代社会のありようは間違っているとする教義の下、自分たちの仲間だけで閉じこもることだ。家族、社会生活を犠牲にして宗教に走る傾向がある。そこには新しい宗教への希望、渇望がある。たとえば日本の仏教では、出家と在家の区別が薄い。オウムは在家的な仏教のあり方についての疑問を出家主義で拾い上げ、パワーを持った。

日本では80年代に入り、高い教育を受けて経済発展を成し遂げても、いい社会への展望が持てないという雰囲気が広がった。勤勉で知的能力はあるが人生の意味を感じ取れない若者たちが、断固として最終解脱という深遠に見える目標を説く、オウム教祖の松本智津夫・元死刑囚に心酔してしまった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
宗教 カネと権力
「それでも宗教が果たすべき役割はある」
文化、教育、医療を支える「日本のバチカン」の憂鬱
覆面座談会
有名教団で内紛続発 宗教でも「3代目の法則」
5学会共同で作成したガイドラインが奏功
日本の苛烈献金が韓国の教祖一族を潤す
奇抜な広告宣伝の狙いは戦略的なマーケティング
大学の6校に1校が宗教系
宗教都市化する立川市、勝ち組教団の財力を解剖
税逃れから墓地経営まで目的さまざま
覆面座談会
豊富な資金で自己演出 離婚騒動で曲がり角
あの教団は誰とつながっているか
戦争世代減少で細る収入 靖国神社は生き残れるか
収益拡大、若年層取り込みに躍起
学会系企業の社長会議事録
墓地ビジネスの原点
「創価マネー」の巨大経済圏、墓苑では進出先と軋轢も
主流派の保有資産は10億円超
国税庁OBが解説
「社会の信頼なしに信教の自由は守れない」
「信教の自由」不可侵が隠れみのに
宗教界のタブー解明
深見東州「奇抜な広告の狙いは戦略的なマーケティング」(2018年8月配信記事より)
海外の著名政治家、音楽家を招く異形の宗教家
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内