有料会員限定

内幕3|真如苑 宗教都市化する立川市、勝ち組教団の財力を解剖

印刷
A
A
立川駅南口付近は真如苑総本部などの施設が密集するエリア(撮影:大澤 誠)

特集「宗教 カネと権力」の他の記事を読む

聖地「親苑(おやその)」──。

大型商業施設が立ち並び、住宅地で人気の東京都立川市を、真如苑(しんにょえん)の信徒は最大限の敬意を込めてそう呼称する。開祖伊藤真乗が1938年、私財を投じて総本山真澄寺を建立してから、真如苑はここを発祥の地としているのだ。

真如苑は真言宗系の宗教法人である。公称信者数93.1万人、信者数が今日でも減っていない“勝ち組”教団として知られる。

街に点在する施設には、全国各地から信者が訪れる。駅南口付近は、真如苑総本部や真澄寺、二つの修行所、三つの布教会館などの施設が密集する中核エリアである。反対の北側へ、多摩都市モノレールに立川駅から5分ほど乗ると巨大な寺院の屋根が現れる。2006年に完成した地上4階建て延べ床面積2.4万平方メートルの総合道場「応現院(おうげんいん)」だ。

2006年に完成した総合道場「応現院」(撮影:大澤 誠)

さらに北には02年に日産自動車から購入した村山工場跡地がある。現在は「プロジェクト MURAYAMA」と銘打つ再開発計画が進んでいる。まだ何かが建つわけでもなく、ぽっかり空いた広大な更地だが、整地され、ところどころ植樹も始まっている。真如苑が06年に作成した基本計画概要文書によれば、これがやがて明治神宮のような林苑になるという。敷地西側36ヘクタール分を静謐で聖性のある空間に、中央40ヘクタール分を祭事に利用する明るい丘陵広場に、東側13ヘクタール分を隔てのない交流の場とする。「真如苑の信徒だけではなく、誰もが集い、憩える、開かれた空間を目指している」と真如苑は答える。竣工のメドは当初36年だったが、さらに時間がかかるようだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
宗教 カネと権力
「それでも宗教が果たすべき役割はある」
文化、教育、医療を支える「日本のバチカン」の憂鬱
覆面座談会
有名教団で内紛続発 宗教でも「3代目の法則」
5学会共同で作成したガイドラインが奏功
日本の苛烈献金が韓国の教祖一族を潤す
奇抜な広告宣伝の狙いは戦略的なマーケティング
大学の6校に1校が宗教系
宗教都市化する立川市、勝ち組教団の財力を解剖
税逃れから墓地経営まで目的さまざま
覆面座談会
豊富な資金で自己演出 離婚騒動で曲がり角
あの教団は誰とつながっているか
戦争世代減少で細る収入 靖国神社は生き残れるか
収益拡大、若年層取り込みに躍起
学会系企業の社長会議事録
墓地ビジネスの原点
「創価マネー」の巨大経済圏、墓苑では進出先と軋轢も
主流派の保有資産は10億円超
国税庁OBが解説
「社会の信頼なしに信教の自由は守れない」
「信教の自由」不可侵が隠れみのに
宗教界のタブー解明
深見東州「奇抜な広告の狙いは戦略的なマーケティング」(2018年8月配信記事より)
海外の著名政治家、音楽家を招く異形の宗教家
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内