BMW、全米にリコール対象地域拡大

タカタ製エアバッグ問題広がる

 12月22日、タカタ製エアバッグをめぐり、独BMWは全米にリコール対象地域を拡大したと明らかにした。ロサンゼルスのオートショーで先月撮影(2014年 ロイター/Lucy Nicholson)

[デトロイト 22日 ロイター] - 独高級車大手BMW<BMWG.DE>は22日、自動車部品大手のタカタ<7312.T>が製造したエアバッグの不具合をめぐり、一部車種の運転席側のエアバッグのリコール(回収・無償修理)の対象地域を全米に拡大したことを明らかにした。BMWがリコールするのは2004─06年モデルの「3シリーズ」約14万台。

タカタのエアバッグ問題をめぐっては、米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)がリコール対象地域を全米に広げるよう指示。これを受けホンダ<7267.T>、マツダ<7261.T>、米フォード<F.N>、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCAU.N>傘下のFCA・USがすでに対象を全米に広げている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT