BMW、全米にリコール対象地域拡大

タカタ製エアバッグ問題広がる

 12月22日、タカタ製エアバッグをめぐり、独BMWは全米にリコール対象地域を拡大したと明らかにした。ロサンゼルスのオートショーで先月撮影(2014年 ロイター/Lucy Nicholson)

[デトロイト 22日 ロイター] - 独高級車大手BMW<BMWG.DE>は22日、自動車部品大手のタカタ<7312.T>が製造したエアバッグの不具合をめぐり、一部車種の運転席側のエアバッグのリコール(回収・無償修理)の対象地域を全米に拡大したことを明らかにした。BMWがリコールするのは2004─06年モデルの「3シリーズ」約14万台。

タカタのエアバッグ問題をめぐっては、米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)がリコール対象地域を全米に広げるよう指示。これを受けホンダ<7267.T>、マツダ<7261.T>、米フォード<F.N>、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCAU.N>傘下のFCA・USがすでに対象を全米に広げている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT