有料会員限定

現代日本まで地続き 戦前のポピュリズム 大政翼賛会を招いた政党政治の未熟

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小
日本のポピュリズムは1905年の日比谷焼き打ち事件に始まる(毎日新聞社 / アフロ)

特集「目からウロコの日本史再入門」の他の記事を読む

日本のポピュリズムは、日比谷焼き打ち事件(1905年)に淵源を持ち、普通選挙実現(25年)の頃に始まった。

日露戦争の講和条約に反対する国民大会が暴動化して起きた日比谷焼き打ち事件は、吉野作造(よしのさくぞう)(戦前、東京帝大政治学教授)が「この事件を以(もっ)て『民衆が政治上に於(おい)て一つの勢力として動くという傾向』が日本において始まった」としているように大衆の巨大な力が最初に現れた事件であった。これがどのような方向に流れていくのかは、当時誰にもわからなかった。

しかし大正末期になると、それは普通選挙において新たに爆発してくる。大衆が圧倒的に政治参加してくるこの時期、普通選挙に勝つため多大に必要となった政治資金をめぐる不正が度々行われた。

また、反対党の不正を暴き、新聞に掲載されることが相手の大きなダメージになるので、暴露合戦が熱心に行われた。中でも、遊郭の移転問題や陸軍機密費問題など、大衆の目を引きやすい問題は熱心に追及され、疑獄・買収・乱闘などの政党政治の弊害は、国民に知れ渡った。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
目からウロコの日本史再入門
有力大学の日本史入試問題
「なぜ」を考えさせる東大論述式
基本書から最新の研究まで50冊を厳選
敗戦直後の「戦争調査会」
大政翼賛会を招いた政党政治の未熟
優れた国際感覚を備えた保守政治家
将軍も諸藩も「公武合体」は自明だった
叩き上げでも勘定奉行になれた
事態が長期化した南北朝時代
»»第弐章 日本史の「深層」を探る
有業者のわずか5%
歴代8人の女性天皇が存在
『南洲翁遺訓』の放つ存在感
東大名誉教授 三谷博が教える
歴史通 出口治明が選んだ
テレビでもおなじみ 本郷和人が語る
元教科書調査官・高橋秀樹が教える日本史の新解釈
»»第壱章 驚きの日本史再発見
目からウロコの日本史再入門
こんなに変わった歴史教科書
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内