有料会員限定

維新のキーワードは「公議」 東大名誉教授 三谷博が教える

印刷
A
A

明治維新は、西国雄藩や志士の活躍によってのみ成立したのではない。「公議」「王政」「脱身分化」をめぐる多角的な視点が必要だ。

維新を志士で語ってはいけません

みたに・ひろし●1950年生まれ。東大教授を経て跡見学園女子大教授。主著に『明治維新とナショナリズム』『維新史再考』など。(撮影:尾形文繁)

特集「目からウロコの日本史再入門」の他の記事を読む

明治維新というと、長州・薩摩といった西国の雄藩や、西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允に代表される特定の個人の活躍ばかりが注目されます。

しかしこの見方(=思考の枠組み)は、実は後世に形成され、定着したものです。具体的には、明治末から形成され、昭和前期に編集された『維新史』(文部省)の影響を色濃く受けています。それは戦後の史学にも継承されてしまいました。

三谷博氏は19世紀の日本・東アジア史が専門で、三十数年、明治維新研究を続けてきた。三谷氏は、「安政5(1858)年の政変」を維新史が大きく動き始めた起点と見る。一般的にはその直後の安政の大獄(58〜59年)が有名だが、なぜこの政変なのか。

安政5年には、米国との修好通商条約の締結と将軍の跡継ぎをめぐって、政治の地殻変動が起きました。一橋慶喜を擁立したい親藩の越前松平や外様の島津をはじめ数人の藩主やその家臣、民間の知識人たちが政治的な発言を始めたのです。幕府要人以外が公の場で政治に口を出すなどそれまでなかったことです。ただ強調しておきたいのは、政治体制の改革を求めた最初のグループは下級藩士ではなく、越前松平や島津といった大大名だった点です。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
目からウロコの日本史再入門
有力大学の日本史入試問題
「なぜ」を考えさせる東大論述式
基本書から最新の研究まで50冊を厳選
敗戦直後の「戦争調査会」
大政翼賛会を招いた政党政治の未熟
優れた国際感覚を備えた保守政治家
将軍も諸藩も「公武合体」は自明だった
叩き上げでも勘定奉行になれた
事態が長期化した南北朝時代
»»第弐章 日本史の「深層」を探る
有業者のわずか5%
歴代8人の女性天皇が存在
『南洲翁遺訓』の放つ存在感
東大名誉教授 三谷博が教える
歴史通 出口治明が選んだ
テレビでもおなじみ 本郷和人が語る
元教科書調査官・高橋秀樹が教える日本史の新解釈
»»第壱章 驚きの日本史再発見
目からウロコの日本史再入門
こんなに変わった歴史教科書
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内