有料会員限定

東大入試で日本史を理解する 「なぜ」を考えさせる東大論述式

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
歴史の本質的な理解が問われる東京大学の日本史の入試問題(撮影:尾形文繁)

特集「目からウロコの日本史再入門」の他の記事を読む

学生時代の歴史の試験問題というと、空欄の穴埋め形式で人名や年号を答える問題や、選択肢文の○×を選ぶ問題を、思い浮かべる方も多いでしょう。

しかし、東京大学の日本史の入試問題(以下「東大日本史」と略します)は、そうした〈重箱の隅をつつくような知識を問う〉という私たちの入試問題に対するイメージを、粉々に打ち砕きます。

論より証拠、問題1をご覧ください。「諸君が伊藤博文らの調査団に加わっていたと仮定し」という問い方からして、タダモノではありません。しかし、問われている内容は、明治政府が立憲制度の導入を急いだ理由を考えさせる、掛け値なしの本格派です。

問題文には、「ドイツの政治家や学者」が「改革は余りに急進的」で「必ずしも賢明なこととはいえない」と忠告したとあります。明治政府が発足した1868(明治元)年から、伊藤らの渡欧は15年も経っていません。また、オスマン帝国(トルコ)が1876年に非ヨーロッパ国で初の憲法(ミドハド憲法)を制定しましたが、拙速ゆえに機能せず、2年後には憲法停止に追い込まれています。忠告はもっともです。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
目からウロコの日本史再入門
有力大学の日本史入試問題
「なぜ」を考えさせる東大論述式
基本書から最新の研究まで50冊を厳選
敗戦直後の「戦争調査会」
大政翼賛会を招いた政党政治の未熟
優れた国際感覚を備えた保守政治家
将軍も諸藩も「公武合体」は自明だった
叩き上げでも勘定奉行になれた
事態が長期化した南北朝時代
»»第弐章 日本史の「深層」を探る
有業者のわずか5%
歴代8人の女性天皇が存在
『南洲翁遺訓』の放つ存在感
東大名誉教授 三谷博が教える
歴史通 出口治明が選んだ
テレビでもおなじみ 本郷和人が語る
元教科書調査官・高橋秀樹が教える日本史の新解釈
»»第壱章 驚きの日本史再発見
目からウロコの日本史再入門
こんなに変わった歴史教科書
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内