有料会員限定

戦前サラリーマンは 「エリート」だった 有業者のわずか5%

印刷
A
A

「サラリーマン」(会社・銀行などの月給取り=職員)という和製英語が登場したのは、大正時代のことである。しかし、当時のサラリーマンは現在とは異なり、庶民階級とは生活も学歴も一線を画した「中等階級」だった。

大正時代の売れっ子漫画家、北沢楽天は、「サラリーマンの天国」「サラリーマンの地獄」という漫画(下図)の中で、当時のサラリーマンの日常を描写している。「天国」は「上役のるす」「出張」「タイピストと散歩」などで、「地獄」のほうは「ラッシュアワー」「決算期」「洋服屋の姿を見たとき」などが挙がる。 

今に通じる話もあるが、「洋服屋の姿を見たとき」は時代を感じさせる。サラリーマンが着た背広(スーツ)はたいへん高価なもので、大正時代半ばで1着25~30円もした。当時の東京帝国大学法科(現、東大法学部)卒社員の初任給の半分以上もしたのである。大概は月賦(ローン)で購入するのが常だった。したがって、洋服屋が勤務先の会社に取り立てに現れるときが「地獄」ということになる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
目からウロコの日本史再入門
有力大学の日本史入試問題
「なぜ」を考えさせる東大論述式
基本書から最新の研究まで50冊を厳選
敗戦直後の「戦争調査会」
大政翼賛会を招いた政党政治の未熟
優れた国際感覚を備えた保守政治家
将軍も諸藩も「公武合体」は自明だった
叩き上げでも勘定奉行になれた
事態が長期化した南北朝時代
»»第弐章 日本史の「深層」を探る
有業者のわずか5%
歴代8人の女性天皇が存在
『南洲翁遺訓』の放つ存在感
東大名誉教授 三谷博が教える
歴史通 出口治明が選んだ
テレビでもおなじみ 本郷和人が語る
元教科書調査官・高橋秀樹が教える日本史の新解釈
»»第壱章 驚きの日本史再発見
目からウロコの日本史再入門
こんなに変わった歴史教科書
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内