有料会員限定

日本史の4傑とは誰だ 歴史通 出口治明が選んだ

印刷
A
A

ビジネス界出身の歴史通が選ぶ日本史の傑物4人。広い視野を持ち、経済を重視し、権力者としての手腕にも優れる──。いずれも魅力的な人物ばかりだ。

立命館アジア太平洋大学(APU)学長 出口治明
でぐち・はるあき●1948年生まれ。京都大学法学部卒。日本生命を経てライフネット生命を創業。2018年から現職。歴史に関する著書多数。(撮影:今井康一)

特集「目からウロコの日本史再入門」の他の記事を読む

日本史を彩る傑出した人物は誰かといえば、まず次の4人を挙げたいと思います。いずれも魅力的で、人物もユニーク。平清盛と足利義満、織田信長、そして大久保利通です。彼らがなぜ面白いのか、これからご紹介しましょう。

武家政権の形をつくった平清盛

1118~1181年。武家政権を形作る一方で宋銭の輸入をはじめ貨幣経済定着の基礎を築いた(イラスト:安彦良和)

まず、平清盛。武家政権の祖形をほとんど全部作った人です。警察権と軍事権を掌握して、京都から離れた福原から政治を動かした。のちの守護や地頭に当たるものを置いてもいます。その後の鎌倉幕府はすべて平清盛のコピーです。さらに特筆すべきは、日宋貿易を始めて宋銭を輸入したことです。

当時の日本の人口は600万、1人当たりのGDPも中国の半分ぐらいでした。しかも、当時は荘園公領制で、土地本位の経済だった。それまで和同開珎(わどうかいちん)など通貨を発行したことはありましたが流通量が限られ、実質的な貨幣ではなかった。いわば、見せガネでした。

では、誰に見せるためだったかと言えば、中国や周辺の国に対してです。「日本も“カネをつくる”ほどの国力があるのだ」と対外的にアピールするだけで、誰も使わなかった通貨だったんです。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
目からウロコの日本史再入門
有力大学の日本史入試問題
「なぜ」を考えさせる東大論述式
基本書から最新の研究まで50冊を厳選
敗戦直後の「戦争調査会」
大政翼賛会を招いた政党政治の未熟
優れた国際感覚を備えた保守政治家
将軍も諸藩も「公武合体」は自明だった
叩き上げでも勘定奉行になれた
事態が長期化した南北朝時代
»»第弐章 日本史の「深層」を探る
有業者のわずか5%
歴代8人の女性天皇が存在
『南洲翁遺訓』の放つ存在感
東大名誉教授 三谷博が教える
歴史通 出口治明が選んだ
テレビでもおなじみ 本郷和人が語る
元教科書調査官・高橋秀樹が教える日本史の新解釈
»»第壱章 驚きの日本史再発見
目からウロコの日本史再入門
こんなに変わった歴史教科書
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内