トヨタには感謝の気持ちを伝えたい メキシコ州知事が語る日本への思い

印刷
A
A

メキシコで自動車産業が最も集積するグアナファト州。マツダやホンダに続き、2019年にはトヨタ自動車がここで新工場を稼働させる予定だ。4月29日-5月6日合併号の「トヨタの焦燥」では同州で繰り広げられている官民の思惑をリポートした。ミゲル・マルケス州知事は、トヨタ進出や米トランプ政権の影響をどう見ているのか。誌面には載せきれなかったインタビュー全文をお送りする。

グアナファト州政府の要職を歴任後、2012年から州知事を務めるミゲル・マルケス氏

特集「トヨタの焦燥」の他の記事を読む

──トヨタ自動車が工場を新設します。グアナファト州を選んだ決め手は何だったと考えていますか?

われわれとトヨタが15年にわたって培ってきた信頼が大きい。大多数のメキシコの州や市町村では3年や6年で政権が代わるたびに産業関連の政策が大きく変わる。グアナファト州はPAN(国民行動党)が20年前から政権を握っており、(任期が6年の)州知事が交代しても、中長期のプロジェクトを引き継いでいる。自分も10年前に合意された政策を守っている。約束が守られていることが企業からの信頼につながっているのではないか。

加えて、グアナファト州はメキシコの中心に位置し、メキシコの中で最も交通が便利だ。陸上輸送であれば、米国との国境まで9時間、国内の主要な港まで5時間で到達できる。2つの鉄道も州内で交わっている。

グアナファト州最大の工業団地は2006年の開設。進出企業増に伴う拡張工事を終えたばかり

──トヨタの進出に対し、州政府はどのようなサポートをしていますか。

トヨタには600ヘクタールの土地を寄付した。メキシコ連邦政府とともに電力や天然ガスといったインフラの整備を行う。また、新工場の近くには高速道路や鉄道が通っているので、これらにアクセスしやすくする。人材育成も支援する。州には各都市に28の職業訓練センターがあるが、そのうちの1つをトヨタ向けに拡充することを決めたばかりだ。トヨタが必要とする職業訓練のプログラムを整え、操業開始の1年前から訓練を行えるようにする。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トヨタの焦燥
「かつてはボトムアップだった」
「いつも苦言を呈す側近がいた」
「つねに100点が求められる」
「どの上司も同じ反応をする」
買収攻勢で技術を蓄積
新体制から再就職先まで全解剖
「トヨタが全部やる時代じゃない」
トヨタは「厳しい取引だが情もある」
▶▶Part3 鉄の結束は盤石か
モータージャーナリストがズバリ解説!
トヨタとは4年で決別
「MIRAI」は未来を作れるか
異業種の強者が続々参戦
▶▶Part2 激化する開発競争
カリフォルニアではエコカーから除外
「米国に工場をつくれ!」
▶▶Part1 北米市場の期待と不安
トランプ、次世代カー、ケイレツ 三つの難題
トヨタには感謝の気持ちを伝えたい
メキシコ州知事が語る日本への思い
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内