有料会員限定

エコカー開発の危機感 ▶▶Part2 激化する開発競争

印刷
A
A

[記事のポイント]

(1) トヨタは16年2月、家庭用電源の充電で68kmのモーター走行が可能な「プリウスPHV」を発表。「次を担うエコカーの本命」と位置づけた。

(2) 環境規制で先端をいく米カリフォルニアでは2018年以降、ハイブリッド車(HV)がエコカーの補助金対象から外れることが決まっている。

(3) HV一本足できたトヨタは、EVの位置づけや戦略の修正を迫られたといえよう。IT企業の自動車業界参入も脅威で、競争のスピードは速まっている。

 

PHV発表会では、初代プリウスのチーフエンジニアだったトヨタの内山田竹志会長が登壇した(撮影:尾形文繁)

特集「トヨタの焦燥」の他の記事を読む

「ハイブリッド車の次を担うエコカーの本命はPHV(プラグインハイブリッド車)」

トヨタ自動車は今年2月、家庭用電源の充電で電気モーターでの走行も可能な「プリウスPHV」を発表した。「プリウス」を中心に世界を席巻したハイブリッド車(HV)に続き、次のエコカーの覇権争いを見据えた試金石となる。

2012年に発売した初代プリウスPHVは不発。外観はHVとほぼ同じで、モーターのみで走行する距離も26.4kmと短かった。それでいてHVとの価格差が大きかったため、販売台数は振るわなかった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トヨタの焦燥
「かつてはボトムアップだった」
「いつも苦言を呈す側近がいた」
「つねに100点が求められる」
「どの上司も同じ反応をする」
買収攻勢で技術を蓄積
新体制から再就職先まで全解剖
「トヨタが全部やる時代じゃない」
トヨタは「厳しい取引だが情もある」
▶▶Part3 鉄の結束は盤石か
モータージャーナリストがズバリ解説!
トヨタとは4年で決別
「MIRAI」は未来を作れるか
異業種の強者が続々参戦
▶▶Part2 激化する開発競争
カリフォルニアではエコカーから除外
「米国に工場をつくれ!」
▶▶Part1 北米市場の期待と不安
トランプ、次世代カー、ケイレツ 三つの難題
トヨタには感謝の気持ちを伝えたい
メキシコ州知事が語る日本への思い
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内