有料会員限定

欧州部品大手がトヨタ攻略 買収攻勢で技術を蓄積

印刷
A
A

大型買収を繰り返して巨大化する海外のメガサプライヤーが日系メーカーに急接近している。

その代表格が世界56カ国で事業を展開する独コンチネンタルだ。2015年に「カローラ」向けの衝突回避支援システム(トヨタセーフティセンスC)でトヨタ系サプライヤー最大手のデンソーに競り勝ち、日系サプライヤーを驚かせた(詳細は→関連記事)。同年には豊田市に研究開発拠点を開設し、トヨタ自動車との距離を一段と縮めた。コンチネンタルの日本法人の従業員は1000人を超し、その半数以上がエンジニアだ。

カローラに採用されたセーフティセンスCは現在、搭載車種が16まで拡大。この実績が認められ、最新技術でトヨタの商品力を高めた仕入れ先に贈られる「技術開発賞」を16年に受賞した。また、トヨタから加盟の推薦を受け、17年に200社以上のトヨタの有力サプライヤーで構成する協豊会のメンバーになった。

コンチネンタルはもともと1871年創業の老舗タイヤメーカーだが、転機は07年に114億ユーロ(当時で約2兆円)で独シーメンスの自動車部品部門を買収したこと。以後、足回り部品から安全装備、運転支援システム(ADAS)までさまざまな部品群を買収で手に入れ、メガサプライヤーの一角を占めるまでになった。16年の売上高は405億ユーロ(4.6兆円)と、07年比で2.4倍に拡大した。デンソーの売上高は約4.5兆円で、メガサプライヤー2位を争っている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トヨタの焦燥
「かつてはボトムアップだった」
「いつも苦言を呈す側近がいた」
「つねに100点が求められる」
「どの上司も同じ反応をする」
買収攻勢で技術を蓄積
新体制から再就職先まで全解剖
「トヨタが全部やる時代じゃない」
トヨタは「厳しい取引だが情もある」
▶▶Part3 鉄の結束は盤石か
モータージャーナリストがズバリ解説!
トヨタとは4年で決別
「MIRAI」は未来を作れるか
異業種の強者が続々参戦
▶▶Part2 激化する開発競争
カリフォルニアではエコカーから除外
「米国に工場をつくれ!」
▶▶Part1 北米市場の期待と不安
トランプ、次世代カー、ケイレツ 三つの難題
トヨタには感謝の気持ちを伝えたい
メキシコ州知事が語る日本への思い
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内