有料会員限定

ケイレツ改革のアメとムチ ▶▶Part3 鉄の結束は盤石か

印刷
A
A

[記事のポイント]

(1) 2015年、トヨタの主力車種「カローラ」の衝突回避システムに、本命デンソーを押さえて独コンチネンタルが採用され衝撃が走った

(2) 買収で技術力と価格競争力を手にしつつ巨大化した欧州メガサプライヤーは、自動運転などで要求されるシステム全体の提案力も高い

(3) 日産自動車が系列解体を完了した一方で、トヨタは「アメとムチ」で欧州勢とも付き合いつつ系列部品会社の再編で結束強化を狙う

 

トヨタは系列の新たな形を構築しようとしている。写真はトヨタ自動車九州の工場(AFP=時事)

特集「トヨタの焦燥」の他の記事を読む

トヨタ系列のサプライヤーに衝撃が走った“事件”がある。

2015年3月にマイナーチェンジしたトヨタ自動車の主力車種「カローラ」に初めて搭載された衝突回避支援システム「トヨタセーフティセンスC」。採用されたのは、本命と見られていたトヨタ系最大手のサプライヤー・デンソーではなく、独大手コンチネンタルのものだった。

衝突回避システムはレーザーレーダーと単眼カメラで構成される、自動運転技術にもつながる重要な製品だ。「まさか、あのデンソーが負けるとは……」。“デンソーショック”は、系列のサプライヤーには相当なサプライズだった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トヨタの焦燥
「かつてはボトムアップだった」
「いつも苦言を呈す側近がいた」
「つねに100点が求められる」
「どの上司も同じ反応をする」
買収攻勢で技術を蓄積
新体制から再就職先まで全解剖
「トヨタが全部やる時代じゃない」
トヨタは「厳しい取引だが情もある」
▶▶Part3 鉄の結束は盤石か
モータージャーナリストがズバリ解説!
トヨタとは4年で決別
「MIRAI」は未来を作れるか
異業種の強者が続々参戦
▶▶Part2 激化する開発競争
カリフォルニアではエコカーから除外
「米国に工場をつくれ!」
▶▶Part1 北米市場の期待と不安
トランプ、次世代カー、ケイレツ 三つの難題
トヨタには感謝の気持ちを伝えたい
メキシコ州知事が語る日本への思い
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内