有料会員限定

トヨタの車は「いいクルマ」か? モータージャーナリストがズバリ解説!

印刷
A
A

[記事のポイント]

(1) HV「4代目プリウス」:金看板プリウスが持つ底力に期待(渡辺敏史)

(2) コンパクトSUV「C-HR」:万人受けをやめたことは評価したい(石井昌道)

(3) 5代目新型レクサス「LS」:存在価値問われるレクサスブランド(清水和夫)

 

豊田章男社長体制の下、「もっといいクルマづくり」を推進するトヨタ自動車。独自の規格「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を導入するなど、新しい取り組みに挑戦している。トヨタの車は「いいクルマ」になったのか。3名のモータージャーナリストに解説してもらった。

渡辺敏史──金看板プリウスが持つ底力に期待

過去3代を経てトヨタの中核的な車種になったハイブリッド車(HV)「プリウス」が、息を吹き返している。2015年12月に発売された4代目は販売面でやや苦戦を強いられているが、17年2月に発売された新型「プリウスPHV」の出足が好調だ。

PHVとはプラグインハイブリッド車のこと。充電したモーターだけで走る電気自動車(EV)としても、エンジンとモーターを併用するHVとしても使うことができる。新型プリウスPHVは現行の4代目プリウスがベースとなっている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トヨタの焦燥
「かつてはボトムアップだった」
「いつも苦言を呈す側近がいた」
「つねに100点が求められる」
「どの上司も同じ反応をする」
買収攻勢で技術を蓄積
新体制から再就職先まで全解剖
「トヨタが全部やる時代じゃない」
トヨタは「厳しい取引だが情もある」
▶▶Part3 鉄の結束は盤石か
モータージャーナリストがズバリ解説!
トヨタとは4年で決別
「MIRAI」は未来を作れるか
異業種の強者が続々参戦
▶▶Part2 激化する開発競争
カリフォルニアではエコカーから除外
「米国に工場をつくれ!」
▶▶Part1 北米市場の期待と不安
トランプ、次世代カー、ケイレツ 三つの難題
トヨタには感謝の気持ちを伝えたい
メキシコ州知事が語る日本への思い
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内