有料会員限定

トヨタの焦燥 トランプ、次世代カー、ケイレツ 三つの難題

印刷
A
A

強烈な危機感の中でトヨタ自動車が変革を急いでいる。IT企業やベンチャーも参戦し、次世代自動車での競争が激化。自動車業界における対決の構図は激変している。

(本誌:井下健悟、二階堂遼馬データ編集:久野貴也)

[記事のポイント]

(1) 自動車産業は今、100年に一度ともいうべき大きな転換期にある。キーワードは「CASE」(ネットとの接続、自動運転、シェア、電動化)だ。

(2) 技術革新を先導してきたトヨタだが、CASEは別だ。グーグルなどIT大手も自動車業界に参入し、自動運転分野などで開発競争が加速している。

(3) 北米ではトランプリスク、国内では系列改革の難題もある。9年目に突入する豊田章男社長は、激動の時代をどう生き抜くのか。

 

「何が起きるかわからない激動の時代。だからこそ、変えてはいけないブレない軸と未来のために今を変える覚悟を持つべきだ」

4月3日、トヨタ自動車本社で行われた入社式で豊田章男社長はそう強調した。新入社員だけでなく、既存の社員にも向けた言葉であるのだろう。今年はトヨタグループの祖、豊田佐吉翁の生誕150年を迎えたほか、トヨタ創立80年という節目の年でもある。

先人たちが築いた歴史を振り返り、誰よりも危機感を強めているのは豊田社長のはずだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トヨタの焦燥
「かつてはボトムアップだった」
「いつも苦言を呈す側近がいた」
「つねに100点が求められる」
「どの上司も同じ反応をする」
買収攻勢で技術を蓄積
新体制から再就職先まで全解剖
「トヨタが全部やる時代じゃない」
トヨタは「厳しい取引だが情もある」
▶▶Part3 鉄の結束は盤石か
モータージャーナリストがズバリ解説!
トヨタとは4年で決別
「MIRAI」は未来を作れるか
異業種の強者が続々参戦
▶▶Part2 激化する開発競争
カリフォルニアではエコカーから除外
「米国に工場をつくれ!」
▶▶Part1 北米市場の期待と不安
トランプ、次世代カー、ケイレツ 三つの難題
トヨタには感謝の気持ちを伝えたい
メキシコ州知事が語る日本への思い
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内