有料会員限定

かつての盟友テスラ大攻勢 トヨタとは4年で決別

印刷
A
A
テスラのマスクCEOは2016年3月、さらなる成長の試金石となる「モデル3」を発表した(ロイター/アフロ)

特集「トヨタの焦燥」の他の記事を読む

“Fool cell(ばかげた電池)”──。

fuel cell(燃料電池)をもじった挑発的な言葉を口にするのは、EV(電気自動車)ベンチャー・米テスラの創業者兼CEO(最高経営責任者)であるイーロン・マスク氏だ。言うまでもなく、燃料電池車はトヨタ自動車が究極のエコカーと位置づけている。両社はかつて握手を交わした仲だった。

「世界が持続可能なエネルギー社会に向かう変化をわれわれが加速させる」。壮大な野望を掲げてマスク氏がEVベンチャーを立ち上げたのは2003年のこと。同氏は最初に創業した決済会社ペイパルの株売却で得た自己資金と、知名度を生かした外部からの資金調達で、連続起業家として自動車業界に打って出た。

08年には第一弾として、超高級スポーツカー「ロードスター」(約1300万円)を発売した。これで高級EVというニッチな市場を開拓し、12年には超高級セダン「モデルS」(約800万円)を発売。モデルSの量産化に踏み切るに当たりテスラは稼働を休止していたトヨタとGMの合弁工場を10年に取得し、同年にトヨタから5000万ドルの出資を受け、EVの共同開発で提携している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トヨタの焦燥
「かつてはボトムアップだった」
「いつも苦言を呈す側近がいた」
「つねに100点が求められる」
「どの上司も同じ反応をする」
買収攻勢で技術を蓄積
新体制から再就職先まで全解剖
「トヨタが全部やる時代じゃない」
トヨタは「厳しい取引だが情もある」
▶▶Part3 鉄の結束は盤石か
モータージャーナリストがズバリ解説!
トヨタとは4年で決別
「MIRAI」は未来を作れるか
異業種の強者が続々参戦
▶▶Part2 激化する開発競争
カリフォルニアではエコカーから除外
「米国に工場をつくれ!」
▶▶Part1 北米市場の期待と不安
トランプ、次世代カー、ケイレツ 三つの難題
トヨタには感謝の気持ちを伝えたい
メキシコ州知事が語る日本への思い
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内