有料会員限定

大学スポーツは新時代へ 政府は日本版NCAA創設に乗り出した

印刷
A
A

いよいよ「日本版NCAA」が動き出す──。

政府の成長戦略の一環として打ち出されたスポーツ関連市場の拡大。現状の約5兆円の市場規模を、2025年には3倍の15兆円にするという方針が示された。その実現に向け、大学スポーツも「稼げる産業」に変身させようというのである。

スポーツで稼げるようになれば、その利益が大学に還元され、選手の育成強化はもとより、大学全体の財政基盤の強化につながる。大学にとってもメリットは大きい。

政府がお手本とする全米体育協会(NCAA)は20世紀初めにできた歴史ある組織で、米国の大学約2300校のうち約1200校が加盟。人気スポーツのアメリカンフットボールやバスケットボールを中心とするテレビ放映権やグッズ販売などで、年間1000億円を超す収入がある。同様の組織を日本でも作ろうと17年度に1億円の関連予算が取られ、18年度には大学スポーツすべてを統括する組織が発足する予定だ。

スポーツがビジネスになるかは、ひとえにその人気にかかっている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
大競争時代に選ばれる大学とは?
教育活動の収支が明確になった
知っておくべきメリットと注意点
“採用に直結させない"方針堅持に、企業から不満の声
就職満足度が高い背景に事前の準備
新テストを控え多様な出題形式が増加
「文高理低」「合格者絞り込み」が影響
世界有力大学との差は縮まるか
政府は日本版NCAA創設に乗り出した
民間から大学への投資額3倍増が政府目標に
【Special Interview】作家 佐藤優
教育力・就職力・財務力・国際力で見る
大競争時代に選ばれる大学とは?
2018年から18歳人口の減少が加速
大学スポーツに産業界も熱い視線
好成績で注目集める東海大、中央学院大
【INTERVIEW】スポーツ庁長官 鈴木大地
ケーススタディ2
産学連携|ケーススタディ1
【INTERVIEW】総合科学技術・イノベーション会議議員 上山隆大
本当に強い大学ランキング
大学実力ランキング
大学実力ランキング
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内