有料会員限定

産学連携で重要なのは大学の役割の再定義だ 【INTERVIEW】総合科学技術・イノベーション会議議員 上山隆大

印刷
A
A

内閣府の総合科学技術・イノベーション会議議員として政策立案に携わり、イノベーション促進産学官対話会議が昨年11月にとりまとめた「産学官連携による共同研究強化のためのガイドライン」の作成にも参画した上山隆大氏に、産学連携の現状と今後のあり方について聞いた。

総合科学技術・イノベーション会議議員 上山隆大
うえやま・たかひろ●1958年生まれ。大阪大学大学院で経済学を専攻、スタンフォード大学で博士。元政策研究大学院大学副学長。2016年4月より現職。(撮影:梅谷秀司)

特集「大競争時代に選ばれる大学とは?」の他の記事を読む

──日本の大学では産学連携の拡大が課題となっています。欧米と比べて立ち遅れているのでしょうか。

米国でも1980年くらいまでは産学連携に熱心ではなかった。大学は公共的な知を創造する場で、産業界にコミットするのは本来の役割を逸脱するという考えが強かった。それが80年代に入って大学の社会的役割を見直す動きが起こった。製造業の分野で日本やドイツとの競争に負ける中、画期的なアイデアに基づく新たな産業構造をつくる必要性が生じた。そこで、新たな知を生み出す場こそが大学であり、その知をいち早く企業に移転すべきだとし、産学連携の重要性があらためて認識されるようになった。それに対応して大学も質的な変化を遂げた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
大競争時代に選ばれる大学とは?
教育活動の収支が明確になった
知っておくべきメリットと注意点
“採用に直結させない"方針堅持に、企業から不満の声
就職満足度が高い背景に事前の準備
新テストを控え多様な出題形式が増加
「文高理低」「合格者絞り込み」が影響
世界有力大学との差は縮まるか
政府は日本版NCAA創設に乗り出した
民間から大学への投資額3倍増が政府目標に
【Special Interview】作家 佐藤優
教育力・就職力・財務力・国際力で見る
大競争時代に選ばれる大学とは?
2018年から18歳人口の減少が加速
大学スポーツに産業界も熱い視線
好成績で注目集める東海大、中央学院大
【INTERVIEW】スポーツ庁長官 鈴木大地
ケーススタディ2
産学連携|ケーススタディ1
【INTERVIEW】総合科学技術・イノベーション会議議員 上山隆大
本当に強い大学ランキング
大学実力ランキング
大学実力ランキング
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内