有料会員限定

「建築に保守的な日本は世界に出遅れる」 建築家 隈研吾氏に聞く

印刷
A
A

新国立競技場のデザインを手掛ける建築家の隈研吾氏。世界から見た、現代の日本が抱える建築の問題点とは。

くま・けんご●1954年横浜市生まれ。79年東京大学建築学科大学院修了、2009年より同大教授。隈研吾建築都市設計事務所主宰(撮影:今井康一)

特集「ゼネコン バブル超え」の他の記事を読む

──東京は虎ノ門、丸の内、品川など再開発が目白押しです。街づくりをどう評価していますか。

現在進行形の開発と、僕らが東京に望んでいるものとに、少しズレがあるように感じています。少子高齢化が進む、成熟した社会にふさわしいのは「渋い街」。中国の上海や北京のように、超高層ビルが次々と建てられる街ではない。

訪日観光客が右肩上がりで増え続けていることからもわかるように、現在の東京は海外の人々から評価されている。ただテロが多発する時代において、安全であること、健康志向の日本食、円安で楽しむショッピングなどの魅力は、一過性のブームにすぎない。評価され続けるかどうかは、街の中を歩く楽しみを観光客に感じてもらえるかでしょう。

欧州の街並みは歩くだけで楽しい気持ちになるし、今や中国でも「ウォーカブルな都市づくり」に舵を切っている。代表的な事例では、北京の前門地区の再開発があります。再開発に当たりデベロッパーは超高層ビルを建てる計画を出したが、一部の欧米ジャーナリストが、「歴史ある胡同(路地)を破壊するのか」と反対の声を上げた。結局、政府は伝統ある古い街並みを残し、下水道など衛生環境を整備する開発を進めることになりました。私の事務所が開発の一部を担当していることもあり、今年中に北京事務所をその前門地区に移転する予定です。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ゼネコン バブル超え
すべてを維持することは困難
公共工事で急速に活用が進みだした
インフラビジネスの大転換
施工不良の真因
業界を覆う人手不足の実態
超速報!
全国縦断ルポ
建築家 隈研吾氏に聞く
ゼネコンが設計と施工を丸抱え
実はここに使われています!
[TOP INTERVIEW] 清水建設 井上和幸社長
大和ハウスは竹中に肉薄
[TOP INTERVIEW] 大成建設 村田誉之社長
ゼネコンは仲良くすみ分け
3年前から激変!
[TOP INTERVIEW] 鹿島 押味至一社長
総工事費9兆円超 全線“前倒し"開通も
[TOP INTERVIEW] 大林組 白石達社長
赤字受注はもはや過去のもの
高笑いが止まらない!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内