有料会員限定

ゼネコン熱視線!リニア新幹線工事が始動 総工事費9兆円超 全線“前倒し"開通も

✎ 1〜 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 最新
拡大
縮小
実験線では有人走行で世界最高速度の時速603kmを記録。品川─名古屋間は時速500kmで40分で結ぶ

特集「ゼネコン バブル超え」の他の記事を読む

「リニア中央新幹線の全線開業を最大で8年前倒しする」。参議院議員選挙後、安倍晋三首相はデフレ脱却に向けた経済対策を表明した。

品川─名古屋間だけで約5.5兆円、さらに名古屋─大阪間を加えると総工事費は9兆円を超える巨大プロジェクトだ。波及効果も大きいだけに、政府が経済対策の一つとして位置づけるのも無理はない。

しかし、品川─名古屋間の開業予定は2027年。大阪までとなると当初計画で45年、これが8年前倒しとなったとしても名古屋─大阪間の工事は10年以上も先の話だ。ゼネコン関係者からすれば「まず品川─名古屋間の工事を計画どおり進めることが重要」(大手ゼネコン幹部)。

まだ工事の発注は始まったばかりだ。難工事とみられる品川駅や南アルプスなど「工期の長いものから工事契約を進めている」(内田吉彦・JR東海中央新幹線建設部次長)。一部工事はすでに着工しているが、本格化するのはこれからになる。

山岳トンネルは140km 大成、鹿島、清水が先陣

動きだしたリニア中央新幹線の品川─名古屋間の工事は、総延長約286km(山梨実験区間42.8km含む)、そのうち9割近くがトンネルだ。車両基地回送線や延長1km未満も含めるとトンネル部分の総延長は約256kmになる。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ゼネコン バブル超え
すべてを維持することは困難
公共工事で急速に活用が進みだした
インフラビジネスの大転換
施工不良の真因
業界を覆う人手不足の実態
超速報!
全国縦断ルポ
建築家 隈研吾氏に聞く
ゼネコンが設計と施工を丸抱え
実はここに使われています!
[TOP INTERVIEW] 清水建設 井上和幸社長
大和ハウスは竹中に肉薄
[TOP INTERVIEW] 大成建設 村田誉之社長
ゼネコンは仲良くすみ分け
3年前から激変!
[TOP INTERVIEW] 鹿島 押味至一社長
総工事費9兆円超 全線“前倒し"開通も
[TOP INTERVIEW] 大林組 白石達社長
赤字受注はもはや過去のもの
高笑いが止まらない!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内