有料会員限定

インフラ老朽化の加速に何が必要か すべてを維持することは困難

印刷
A
A

全国の公共施設や上下水道、道路、橋梁などインフラの老朽化が進んでいる。

2023年には日本全国にある橋長2㍍以上の橋梁の43%、トンネルの34%が建設から50年過ぎる(国土交通省調べ)。日本のインフラは高度成長期、特に前回の東京五輪の前後に整備したものが多い。そうすると、老朽化も同時進行で進むことになる。

現存するインフラを同規模で維持するためには、どれぐらいのコストが必要になるのか。東洋大学の根本祐二経済学部教授は、年に約9兆円と試算する。これは名目の公的固定資本形成の4割弱に相当する。「すべて維持するのは不可能。残すものと残さないものに分け、早めの廃止が必要だ」(根本教授)。

自治体がインフラの 総合管理計画を策定

人口減に直面する中で、自治体が対処に苦慮する施設は多い。全国の自治体が解体除却を望む施設は約1.2万件に上る。これを受けて国は14年度から施設の解体費に充てる除却債の発行を認め、15年度からは施設を集約する費用に充てる最適化事業債も開始。今年度ではそれぞれ480億円、1130億円の事業規模を見込んでいる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ゼネコン バブル超え
すべてを維持することは困難
公共工事で急速に活用が進みだした
インフラビジネスの大転換
施工不良の真因
業界を覆う人手不足の実態
超速報!
全国縦断ルポ
建築家 隈研吾氏に聞く
ゼネコンが設計と施工を丸抱え
実はここに使われています!
[TOP INTERVIEW] 清水建設 井上和幸社長
大和ハウスは竹中に肉薄
[TOP INTERVIEW] 大成建設 村田誉之社長
ゼネコンは仲良くすみ分け
3年前から激変!
[TOP INTERVIEW] 鹿島 押味至一社長
総工事費9兆円超 全線“前倒し"開通も
[TOP INTERVIEW] 大林組 白石達社長
赤字受注はもはや過去のもの
高笑いが止まらない!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内