有料会員限定

3つの指標でわかるドル円相場の基本 通貨ストラテジストが易しく解説

印刷
A
A

為替レートは株価などに比べ難しく思えるかもしれない。

株価であれば、株式を発行する企業が目に浮かぶ。しかし為替レートが対象とするのは通貨であり、しかも二つの通貨を同時に考えなければならず、複雑に見える。

ただ為替レートは、株式や生鮮食品と同じで、市場の需給、つまり買い手と売り手の思惑が一致した時に決まる。つまりレートの先行きを予想することは、市場参加者の思惑を考えるということにほかならない。

[図1]
拡大する

特集「為替ショックが来る」の他の記事を読む

為替市場の参加者は、取引の目的によって「実需」と「投機」に分けることができる。実需とは、その名のとおり「実際の需要」に基づいた取引のこと。日本に住む人が米国で米ドルを使うため、円をドルに換えるのは実需の一つだ。

投機は、為替レートの動きから利益を得ることを目的とする取引のことで、外国為替証拠金取引(FX)も含まれる。ドルの上昇を予想してドルを買うのは、投機の一つだ。

実需に影響を与えるのは、主に貿易と資本フローだ。一方、投機は、景気、物価、金利などさまざまな経済活動の影響を受ける。ただ投機は、実需の動きに先んじようとする傾向があるため、不確かな情報であっても、ちょっとした材料で思惑が大きく動くこともある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
為替ショックが来る
さらなる国債格下げで何が起こるか
新興国通貨リスクを総点検
ギリシャや難民など問題山積だが…
世界的権威が語るドル・ユーロ・元の明日
経済の対外開放をめぐるジレンマ
米国一の中国経済通が喝破
実態はポートフォリオの組み替え
突然の切り下げに秘められた意図
中国とブラジルが鬼門
支払いめぐり裁判ざたも
相場の乱高下は米国発
円高なら韓国やタイにシフトも
欧米中を知りつくすDMG森精機トップに聞く
車から100円ショップまで、日本企業の戦い
通貨ストラテジストが易しく解説
専門家2人が読む今後のドル円相場
プロ15人の為替最新シナリオ
実録ディーリングルーム
米中発の激震に備えよ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内