有料会員限定

勝ち組投信を見極めろ 中国とブラジルが鬼門

印刷
A
A

中国景気の変調と米国利上げへの警戒を背景とする8月の波乱相場は、投資信託の運用成績にも影を落とした。投信評価会社モーニングスターの朝倉智也社長が指摘するように、「グローバルREIT(不動産投信)やハイイールド債(信用力は低いが高利回りの債券)関連であれば利益を出せた状況は変わり、投信にとっても難しい相場」になりつつある。

特集「為替ショックが来る」の他の記事を読む

波乱相場にも強い「勝ち組投信」を探る手掛かりとして、まずは8月の波乱相場における運用成績を見てみよう。トータルリターン(分配金再投資後の基準価格の騰落率)の月間騰落率の上位と下位は上表のようになる。

株急落と元安が中国株投信を直撃

下位に名を連ねたのが中国株を投資対象とする投信だ。中国株全体の動きを示す上海総合指数は、今年6月中旬に高値をつけるまで急上昇していたこともあり、これらの投信の運用成績も直近1年で見ると良好だった。だが、同指数は8月末までに6月高値から4割近くも急落。投信もその影響を逃れられなかった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
為替ショックが来る
さらなる国債格下げで何が起こるか
新興国通貨リスクを総点検
ギリシャや難民など問題山積だが…
世界的権威が語るドル・ユーロ・元の明日
経済の対外開放をめぐるジレンマ
米国一の中国経済通が喝破
実態はポートフォリオの組み替え
突然の切り下げに秘められた意図
中国とブラジルが鬼門
支払いめぐり裁判ざたも
相場の乱高下は米国発
円高なら韓国やタイにシフトも
欧米中を知りつくすDMG森精機トップに聞く
車から100円ショップまで、日本企業の戦い
通貨ストラテジストが易しく解説
専門家2人が読む今後のドル円相場
プロ15人の為替最新シナリオ
実録ディーリングルーム
米中発の激震に備えよ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内