有料会員限定

最安値ラッシュ 政治不安で底割れも 新興国通貨リスクを総点検

印刷
A
A

 

ブラジルのルセフ大統領の支持率は汚職疑惑で1ケタ台まで低下(ロイター/アフロ)

特集「為替ショックが来る」の他の記事を読む

「ブラジルには十分な外貨準備があるため、ドルによってもたらされる混乱や問題は起きない」。9月26日、ブラジルのルセフ大統領が地元テレビのインタビューで語ったことが世界に発信された。大統領がこのような発言をしなければならないほど、ブラジル・レアルは対ドルで大きく下落している(図1)。

[図1]
拡大する

「私の持っているレアル建て債券はこのまま持ち続けていいのでしょうか?」。今まで来たことのない個人投資家からの問い合わせが、ブラジルについてのリポートを発信している日本のシンクタンク研究員の元に、メールや電話で寄せられるようになった。日本ではここ数年、レアル建ての債券や投資信託の販売が増えており、最近のレアル急落で含み損を抱えた人が少なくない。

[図2]
拡大する

新興国通貨の下落は深刻だ。ブラジル・レアルのほか、トルコ・リラも対ドルで過去最安値を更新。インドネシア・ルピアやマレーシア・リンギも1997~98年のアジア通貨危機以来の最安値水準にある。背景にあるのは「米国の利上げと中国経済の減速」(第一生命経済研究所の西濱徹主席エコノミスト)だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
為替ショックが来る
さらなる国債格下げで何が起こるか
新興国通貨リスクを総点検
ギリシャや難民など問題山積だが…
世界的権威が語るドル・ユーロ・元の明日
経済の対外開放をめぐるジレンマ
米国一の中国経済通が喝破
実態はポートフォリオの組み替え
突然の切り下げに秘められた意図
中国とブラジルが鬼門
支払いめぐり裁判ざたも
相場の乱高下は米国発
円高なら韓国やタイにシフトも
欧米中を知りつくすDMG森精機トップに聞く
車から100円ショップまで、日本企業の戦い
通貨ストラテジストが易しく解説
専門家2人が読む今後のドル円相場
プロ15人の為替最新シナリオ
実録ディーリングルーム
米中発の激震に備えよ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内