有料会員限定

悪夢の円暴落シナリオ さらなる国債格下げで何が起こるか

印刷
A
A

 

特集「為替ショックが来る」の他の記事を読む

米格付け会社スタンダード&プアーズ(以下S&P)が9月16日、日本国債の格付けを上から4番目のAAマイナスからAプラスに1段階引き下げた。S&Pの格付けはAAAを最上位に22段階あり、上から10番目のBBBマイナスが投資適格の下限だ。

同社は9月9日にブラジル国債の格付けをBBBマイナスからBBプラスへ引き下げた。「投資不適格」の烙印を押されたブラジルの通貨レアルは9月22日には過去最安値の1ドル=4.06レアルまで下落した。

政府債務が大きい国では国債市場も巨大化し、市場の国際化とともに国債市場と為替市場の連関性が強まる。国債格付けが下がると、年金基金など機関投資家は社内運用ルールに抵触することをおそれ、当該国債や株式を一斉に売ることがある。

図1は、筆者がドル円レートの実績値から試算した2020年末までの予測結果である。まず、格付けがAプラスのまま変わらないという標準ケースでは、20年12月末までに1ドル=108円台半ばまで緩やかな円高となる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
為替ショックが来る
さらなる国債格下げで何が起こるか
新興国通貨リスクを総点検
ギリシャや難民など問題山積だが…
世界的権威が語るドル・ユーロ・元の明日
経済の対外開放をめぐるジレンマ
米国一の中国経済通が喝破
実態はポートフォリオの組み替え
突然の切り下げに秘められた意図
中国とブラジルが鬼門
支払いめぐり裁判ざたも
相場の乱高下は米国発
円高なら韓国やタイにシフトも
欧米中を知りつくすDMG森精機トップに聞く
車から100円ショップまで、日本企業の戦い
通貨ストラテジストが易しく解説
専門家2人が読む今後のドル円相場
プロ15人の為替最新シナリオ
実録ディーリングルーム
米中発の激震に備えよ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内