有料会員限定

その時、相場は動いた 実録ディーリングルーム

印刷
A
A
三菱UFJ信託銀行のディーリングルーム。30人弱の為替部隊が働く(撮影:梅谷秀司)

特集「為替ショックが来る」の他の記事を読む

「米FRBの利上げや日本銀行の追加緩和なんかよりも、中国の先行きがよほど心配です」。ある総合商社の若手為替ディーラー、A氏はこう吐露する。ディーリングルームは“中国が次に何をしでかすか”で持ちきりだという。

山和証券で日本株を取引している志田憲太郎チーフディーラーは「人民元レートと上海総合指数は毎日目を皿のようにしてチェックしている」と話す。

一日の始まりは、毎朝10時台に発表される二つの数値の確認である。その日の相場を占う重要な瞬間だ。

まず10時15分。中国人民銀行が人民元の対ドル基準値を公表する。切り上げたのか、切り下げたのか、中国の政策姿勢を確認する。

そして10時25分。上海証券取引所が開く5分前に、上海総合指数の「プレオープン値」が明らかになる。寄り付き前の気配値や前日比の騰落率を見れば、市場参加者の心理がわかる。彼らがリスクを取りに行くのか、それとも回避するのか。値動きはその姿勢で決まる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
為替ショックが来る
さらなる国債格下げで何が起こるか
新興国通貨リスクを総点検
ギリシャや難民など問題山積だが…
世界的権威が語るドル・ユーロ・元の明日
経済の対外開放をめぐるジレンマ
米国一の中国経済通が喝破
実態はポートフォリオの組み替え
突然の切り下げに秘められた意図
中国とブラジルが鬼門
支払いめぐり裁判ざたも
相場の乱高下は米国発
円高なら韓国やタイにシフトも
欧米中を知りつくすDMG森精機トップに聞く
車から100円ショップまで、日本企業の戦い
通貨ストラテジストが易しく解説
専門家2人が読む今後のドル円相場
プロ15人の為替最新シナリオ
実録ディーリングルーム
米中発の激震に備えよ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内