インド新戦略車はトヨタを救えるか(上)

エティオスのチーフエンジニアである則武義典氏は、最大のセールスポイントを「室内の広さと収納スペース」とする。事前の調査では、「安いからハッチバックを選んでいるが、いつかは広々としたセダンに乗りたい」という声が多数寄せられた。ゆえにエティオスの開発では、「フォーマルなザ・セダンをつくる」という方針が基本となった。そのうえで、他社のハッチバックと競合できる価格まで近づけるべく、ギリギリの努力が続けられた。

「エティオスの販売に際してセダンを先行させることが決まったのは9月。価格の最終決定は11月に入ってからで、結果の報告は豊田社長にまで上がった」。TKMの幹部はそう語る。トヨタとしても失敗できない戦略車だけに、現地の需要を直前まで見定めた。

エティオスの顧客として想定するのは、年収60万~90万ルピーのアッパーミドル層。全土で350万世帯ほどと推定される。

デリーに本拠を置く市場調査会社、インフォブリッジの繁田奈歩社長は、「外資系企業勤務なら入社10年ほどで、月収3万ルピー程度には到達する。共働き世帯や親と同居している未婚者なら、エティオスに手が届く」と読む。トヨタがようやく、一部の富裕層や法人客以外の中間層にも向き合った、というわけだ。

ようやく新興国市場に真正面から取り組む

インドは現在、中国に続く成長市場と見られる。トヨタも15年には400万台市場(09年226万台)に育つと予測する(09年226万台)。だがトヨタがインドに進出した97年当時、そこまでの期待はなかった。アジア通貨危機直後のせいもあり、インドネシアで製造していた多目的車「キジャン」の生産設備を転用するなど投資を最小限に抑制。現代がインドを輸出拠点に育てることを前提に、当初から大規模生産を志向したのと対照的だ。(下に続く)

◆トヨタ自動車の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(週刊東洋経済2010年12月18日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT