人事課がなくなる日--現役カリスマ社長の脱「好き嫌い」人事術 小山昇著、前田英三郎監修 ~“カリスマ”小山昇が提唱する「儲かる」人事

拡大
縮小


新卒採用でおなじみのSPIテストも人の診断ツールだが、エナジャイザーはちょっと違う。まず「社長を含めた全社員がテストを受ける」必要がある。社長も組織の一員だからだ。

テスト自体は簡単。まずWeb上で計算させる。4と2を足すと6、用意された回答から6を選ぶ。7と9を足すと16だが「下1ケタを答えなさい」という条件なので、これも6になる。こんな計算を数分ずつ3セット行う。15分程度で終了するこのテストで「情報処理特性」がわかる。仕事の速さ、正確さ、安定性などの能力が数字で把握できる。

その後にアンケートがある。好きな形容詞を回答するだけの簡単なものだが、これで「内的価値観」がわかる。そして仕事の向き不向きがわかる。そして回答した形容詞の組み合わせから「会社・職場・仕事価値観」がわかる。これは職場環境全体に対する社員の思いを示している。

テストの結果は、数値化されたデータと、そのデータから読み取れる社員の傾向、適性や問題点を指摘した診断書になる。

本書によれば、採用時にエナジャイザーを使うことで社員定着率が劇的に上がるそうだ。また社員の適性にマッチした配属が行えるので生産性も向上する。さらに相性の悪い組み合わせ、相性のいい組み合わせもわかる。

本当に社員の能力と心の状態がわかり、組織を最適化できるならすばらしい。ただしコストは高い。Webで調べると「~100名まで」で262万5000円、「101名~200名まで」は1人2万1000円、「201名~」は1人1万5750円。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT