ソニーPSストア、サイバー攻撃でダウン

約2時間アクセス不能に

 12月8日、ソニーのプレイステーション専用オンラインストアがサイバー攻撃を受け、約2時間アクセス不能となった。写真はプレイステーションのロゴマーク。都内で2011年9月撮影(2014年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[8日 ロイター] - ソニー<6758.T> のプレイステーション専用オンラインストアが8日、サイバー攻撃を受け、約2時間アクセス不能となった。英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙が報じた。

ソニーはこれを確認、現在原因を調査中としている。

プレイステーションの公式ツイッター(英語版)では、「PSN(プレイステーション・ネットワーク)への接続でユーザーに問題が生じていることは承知しております。本件については調査中で、ご辛抱に感謝致します」と掲載された。

FTによると、PSNは東京時間の午前8時52分から11時18分にかけてアクセスがほとんどできない状態となった。ソニーは、データが漏えいまたは盗まれたという報告はこれまでのところないとした。

ソニーをめぐっては、傘下のソニー・ピクチャーズエンタテインメントが先月サイバー攻撃を受け、大半のネットワークが1週間以上ダウンした。

また2011年にはプレイステーションのネットワークも大規模なサイバー攻撃を受け、7700万人の利用者に関するデータが漏えいした事件が発生している。

8日序盤の米国市場で、ソニーの米市場上場株は一時3.9%下落した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。