ソニーPSストア、サイバー攻撃でダウン

約2時間アクセス不能に

 12月8日、ソニーのプレイステーション専用オンラインストアがサイバー攻撃を受け、約2時間アクセス不能となった。写真はプレイステーションのロゴマーク。都内で2011年9月撮影(2014年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[8日 ロイター] - ソニー<6758.T> のプレイステーション専用オンラインストアが8日、サイバー攻撃を受け、約2時間アクセス不能となった。英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙が報じた。

ソニーはこれを確認、現在原因を調査中としている。

プレイステーションの公式ツイッター(英語版)では、「PSN(プレイステーション・ネットワーク)への接続でユーザーに問題が生じていることは承知しております。本件については調査中で、ご辛抱に感謝致します」と掲載された。

FTによると、PSNは東京時間の午前8時52分から11時18分にかけてアクセスがほとんどできない状態となった。ソニーは、データが漏えいまたは盗まれたという報告はこれまでのところないとした。

ソニーをめぐっては、傘下のソニー・ピクチャーズエンタテインメントが先月サイバー攻撃を受け、大半のネットワークが1週間以上ダウンした。

また2011年にはプレイステーションのネットワークも大規模なサイバー攻撃を受け、7700万人の利用者に関するデータが漏えいした事件が発生している。

8日序盤の米国市場で、ソニーの米市場上場株は一時3.9%下落した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT