インターナショナルスクールの「松・竹・梅」

学費の高い or 安いはどう違うのか

――安い学校だと先生も辞めることが多いのですか。

先生は値段に関わらず辞めることがあるようです。生徒の転校も当たり前に行われているので、先生も、子どもも学校をぐるぐる循環している感じですね。マレーシアでは教育はビジネスで、日本のように「教育は聖域」という考え方はありません。

――英語ができない日本人におすすめできる学校はありますか。

まず、出来れば日本人が少ない学校を探すことです。日本人はすごくシャイで、話したり、読んだりする訓練が必要ですが、日本人ばかりだとそれがしっかりできません。学校を見学されて受付担当者の印象が強く残る方が多いようなのですが、受付の印象だけで学校を決めることはお勧めしません。

生徒たちの表情をみて

それから学校を見学する際には、先生や生徒たちの表情をよく見てみるといいと思います。実際、私も何度も同じ学校に足を運ぶことがありますが、そのときそのときで学校が違って見えることもあります。

――来た方で不満を持つ方もいるのですか。

はい。せっかく入ってもマレーシアが合わないという人もいます。また、円安で家計が厳しくなって、別の学校を探さざるを得ない人もいますから、見切り発車で来ないほうがいいと思います。

たとえば、マレーシアの汚さやだらしなさといった部分も含めて、楽しめる人なら大丈夫です。わが家も、ある日ゴキブリが50匹も出てビックリしたことがありましたし、ゲストルームのトイレにボウフラが湧いていて驚いたこともあります(笑)。

マレーシアに対して文句を言っている人も見ますが、日本と比べる癖を付けてしまうと、暮らして行くのはきついと思います。なかには日本に帰ってしまう人もいますし、ほかの国に行く人もいます。

――日本に帰ってしまう人もいるのですか。

ただ、日本に帰るのも悪くないと思います。日本は無料で教育が充実していますし、来てみて合わなかったのなら、帰るという選択肢はもちろんあると思います。それにマレーシアでのさまざまな経験は、きっと日本でも大いに役立つと思います。

わが家は、子どもたち2人とも、ものおじしない子になって、来てよかったなと思っています。親が子どもと同じ目線で、新しく見るものや違う文化を楽しめるといいと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT