不安定化する市場、アメリカ金融緩和の功罪


8月27日のジャクソンホールでのバーナンキ議長による講演以降、QE2のアナウンスメント効果が現れた。さらに、9月21日の声明で具体的な金額が取りざたされ、弾みがついた。株価は8月31日から上昇。9月21日以降は上値を追う展開となった。FOMC(連邦公開市場委員会)直後の11月5日を境にピークアウトしたが、この間、ニューヨークダウ平均株価は1万0009ドルから1万1444ドルまで上昇した。

FOMC直後、ワシントンポスト紙への寄稿で「株価を押し上げ、家計の消費を促す」としたバーナンキ議長。目的は見事に果たされたと言えるかもしれない。クリスマス商戦も出だしは好調だ。ただ、堅調な経済指標の発表が相次いでいることから、QE2がなくても米国景気は底堅かったとの見方もある。

為替はどうか。対ユーロでは8月末の1ユーロ=1・26~1・28ドル台から1・421ドルに下落した。ただし、対円では日本政府の介入があった9月15日の1ドル=86円から10月29日の1ドル=80・37円まで下落した後、ドル高に転じている。ユーロ危機に加え新興国が金融引き締めを行ったため、ドルは相対的に強くなった。もとよりバーナンキ議長は「FRBの政策はドル安を狙ったものではなく、新興国のドル買い介入こそが問題」と反論しており、結果的に為替は小康状態となっている。

不安定な長期金利 深まる新興国との溝

波乱の展開となったのは、債券相場だ。米国の長期金利は10月7日の2・38%を底に上昇(債券価格は下落)。いったん下がったが、FOMC翌日から再び上昇し、現在は3%手前で攻防を演じている。予想以上にインフレ期待が高まっている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT