不安定化する市場、アメリカ金融緩和の功罪

米FRB(連邦準備制度理事会)は11月3日、QE2と呼ばれるかつてない大規模な金融緩和第2弾を打ち出した。2011年6月末までに6000億ドル(約48兆円)の国債を購入する。しかし、発表直後から身内のFRB理事や地区連銀の総裁を含め、国内外から批判や疑問の声が噴出。15日にはエコノミストらが公開書簡を出した。

この金融緩和策に対する批判は、整理すると次のようなものだ。

第一に、量的緩和が効果を発揮し、市場にドルがあふれた場合。成長する新興国に投機資金が流れ込み、バブルを助長する、あるいは、ドル安が加速し交易条件のうえで他国を不利にする、と指摘されている。

米国内からはインフレを適切に制御できるのか、という批判が出ている。ゼロ金利の時間軸効果によって目先は長期金利を低く抑え、将来のインフレ期待を高めることで投資や消費を促す、というのがFRBにとって都合のよいシナリオ。だが、予想を超えて長期金利が上昇してしまうおそれはないか、というわけだ。この点でエコノミストやとりわけ共和党の議員から猛攻撃を受けている。

第二に、量的緩和は効果を発揮せず、FRBが物価の安定と並ぶ政策目標にしている雇用の最大化には寄与しないのではないか、との疑問である。企業や家計がバランスシートの調整を進めているので、銀行を通じて市中にカネが回らない。連銀に準備預金が積み上がるだけで、実体経済に効果はない、というものだ。

株価の反応はFRBの思惑どおり

もちろん、実際のQE2の効果はまだわからない。ただ、市場は発表前から材料として織り込んでおり、すでに出尽くし感が漂っている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。