資源国通貨安でリスクオフの懸念

注目されるロシア

 12月4日、原油安に伴って資源国通貨が下落しており、国内主要産業へのダメージやドル高によるマイナス影響も顕在化しかねない。写真はロシアルーブル。モスクワで9月撮影(2014年 ロイター/MAXIM ZMEYEV)

[東京 4日 ロイター] - 原油安に伴って資源国通貨が下落している。原油安は資源国にとってもエネルギーコストの低下につながるためプラス面もあるが、国内主要産業へのダメージやドル高によるマイナス影響も顕在化しかねない。資源大国・ロシアに打撃になるリスクも浮上してきた。原油安も行き過ぎれば、リスクオフにつながる可能性も市場の一部でささやかれている。

資源安はドル高

今月1日、米原油先物<CLc1>は一時63.72ドル、北海ブレント先物<LCOc1>は67.53ドルまで下落し、それぞれ5年超ぶりの安値を記録した。

米連邦準備理事会(FRB)のフィッシャー副議長とニューヨーク(NY)連銀のダドリー総裁は同日、エネルギー価格の急落について、米消費押し上げにつながるとして歓迎する姿勢を示した。

米国では、エネルギー価格の下落によって浮いた資金の大半を貯蓄でなく消費に回す基調が顕著で、米株式市場への追い風にもなっている。

米経済とドルの強さが際立つ一方、資源国通貨の安さも目立っており、ノルウェークローナ<NOK=>は1日、対米ドルで5年超ぶり安値となる7.0577クローナをつけたほか、豪ドル<AUD=>も4日、対米ドルで4年超ぶり安値となる0.8355豪ドルをつけた。

外為市場では、資源国通貨売り/ドル買いの動きに加え、原油安で株高、株高でドル高との連想から、ドルが買い進まれている。ドル/円<JPY=EBS>も約7年4カ月ぶりに119円を突破して、心理的節目の120円を射程に捉えた。

次ページリスクオフの火種
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。