「TOTOトイレ開発100年」が日本人を変えた!

いつから座ってお尻を洗うようになったのか

なかなか普及が進まなかった洋式の裾野を広げ、起爆剤となったのが、1960年代の高度成長期に大都市圏で建設された公団住宅だ。イスとテーブル、洋式便器が標準装備された。「家の中にあれば自然に使い慣れて生活になじんでいきます。そうして、やっと1977年に和式便器と逆転した。2013年度のTOTOの出荷数は、洋式が99%、和式が1%です」。

「便器」の進化、いかに少ない水で流せるか

ここからはトイレの進化を、「便器」と「便座」に分けてたどっていく。まずは便器。主に水の流し方の改良である。

大小切り替え手洗い付ロータンク(左)と節水便器「CSシリーズ」(右)

1959年に発売されたタイプにはタンクの水を「大」と「小」で切り替えるレバーがついていたが、1回の「大」で使用する水は約20リットルだった。大きいペットボトル10本分だから大量である。「当時はまだ節水よりも水道代の節約という観点でした」。

1970年代にオイルショックや公害問題が起こり、環境への配慮が高まる。そこで1976年に「節水便器」が登場。1回13リットルにまで落とした。

いかに少ない水で流せるか、TOTOの挑戦は続く。「便器ボウルの中から汚物を流す“排水能力”だけではいけない。下水管の中でも押し流していける“搬送能力”が重要なのです」。

こちらは最新型「ネオレスト」

タンク式はためた水の重みで勢いをつけて流す方式だが、デメリットは1回流すと、タンクに水がたまるまで流せないこと。うまく流せなかったときに、トイレの中で待ち時間が生じてしまう。日本の狭いトイレ空間ではタンクのスペースも邪魔になる。

それを解消したのが、1993年に発売された日本初のタンクレストイレ「ネオレスト」だ。

タンクに水をためずにどうやって流すのか。「便器ボウルの中を洗う水と、下水管へ流し切る水のタイミングをマイコンで制御して流す」。コンピュータを搭載したのである。これで1回8リットルにまで減った。

便器ボウルの表面も重要な要素だ。つるつるしていれば、そもそも汚れがつきにくく、少ない水で流せる。だが、便器は焼き物だから凹凸がある。ミクロレベルでも凹凸があると、そこに汚れがたまり、菌が住みついてしまう。そこで特殊な釉薬を吹きかけて焼くTOTO独自の防汚技術「セフィオンテクト」を1999年に開発した。こうした複合的な技術が節水効果を高め、掃除の回数を減らすことにもつながる。

次ページ流れを変えた「トルネード洗浄」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT