厄介な「外国人ツーリスト投資家」に注意せよ

日本には2種類の「外国人旅行者」が来ている

一方、こうした短期投資家の多くは、残念ながら不勉強でもある。それまで日本のことを全く知らなくても、おもしろそうだと思えば、いきなり投資を始めるからだ。

短期筋のなかには、「消費増税の先送りが話題になっているが、そもそもなんで10%に引き上げることになっていたんだっけ?」と平気で質問するレベルの者もいるのだ。すでに日本株に投資しているにもかかわらず、である。訪日観光客の方が、日本についてよく下調べしていると思う。

「ツーリスト投資家」の売り逃げによる波乱に注意

今回も日銀の追加緩和を契機に、株価が上振れしているが、果たして昨年と同様なのだろうか。ツーリスト投資家は手っ取り早く日経平均先物を買う。こうした短期買いが主役の相場では、裁定取引が発動して、日経平均採用銘柄の株価ばかりが押し上げられ、NT倍率(日経平均株価÷TOPIX)が上昇する。

最近でNT倍率がピークをつけたのは、昨年5月の株価ピーク近辺(2013年5月27日)、昨年末の株価ピーク時辺り(12月25日)と、最近(今年11月13日)だ。やはり足元も、短期筋の買いによるところが大きいと懸念される。

投資家別の売買動向を見ても、国内勢が売り越し気味の中、外国人投資家の一手買いだ。短期筋から、「買っているのは、われわれだけなのか?これでは株価は持たない。いつ売り逃げようか」との、不安の声が寄せられる。日経平均株価の頭が重く、1万7500円をなかなか突破できないでいるのは、一手買いに不安を覚えたツーリスト投資家が、そろそろ逃げ始めているからだろう。

中長期のスパンで考えれば、国内企業の収益は増益基調であり、外国人投資家でも年金などの長期筋は下値での買いを狙っているため、ツーリスト投資家が売りに回っても、それほど大きく株価は崩れず、株価上昇が見込めよう。

それでも短期的には、日経平均株価はいったん1万7000円を割り込み、場合によっては10月31日と11月4日の間のローソク足の「窓」を埋めに行くリスクが高いと考えている。今週の日経平均株価は、1万6500円~1万7600円を予想する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT