日銀が役員報酬でも黒田バズーカ?

2014年度役員年収は前年比1.3%増に

日本銀行の外観(撮影:尾形文繁)

[東京 25日 ロイター] - 日銀は25日、役員の手当を引き上げると発表した。これに伴い、2014年度の役員年収は、前年度に比べて1.3%増加する。月額の役員俸給は据え置く。

半期毎の役員手当の引き上げによって役員の年収は、総裁が13年度の3422万円から14年度に3467万円に、副総裁が同2704万円から同2739万円に、審議委員が同2593万円から同2627万円にそれぞれ上昇する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悩める小売り2大巨頭<br>セブン、イオンの盲点

失態続きのセブン&アイ・HD。鈴木敏文元会長が推進したオムニチャネル事業関連など、「負の遺産」とも言うべき子会社の業績不振も深刻だ。イオンも赤字を垂れ流す問題児に頭を抱える。岐路に立つ両社のグループ経営の問題点にメスを入れる。