米国発「子どもの死の予防制度」日本導入への課題 虐待の防止にも効果、米国は1970年代に導入

印刷
A
A
「CDR」の実態について迫る短期集中連載の第2回をお届けします(写真:穐吉洋子)
不慮の事故など、防ぎうる子どもの死をなくそうとする取り組み「チャイルド・デス・レビュー」(予防のための子どもの死亡検証、CDR)は、大きな目的の1つに虐待防止を掲げる。縦割りを廃し、教育や福祉、警察、医療などの各機関が同じ情報を共有し、二度と同じことが起きないように対策を講じる。これがCDRの仕組みだ。
厚生労働省主管で2020年度に始まったモデル事業(現在は9道府県)はまもなく2年目を終える。当初の予定だった2022年度の制度化は先送りされたが、この間、どのような課題が浮かび上がったのだろうか。CDRは虐待防止のために何ができるのだろうか。
日本でも始まろうとしているCDRの課題について4回にわたって迫る短期集中連載。第2回は虐待問題に詳しい藤田香織弁護士にCDRの展望を聞いた。
第1回:実は子どもの死因「不慮の死」長年上位の衝撃実態
第3回:国の導入遅い「子の死因究明」に山梨が力入れる訳
第4回:子の「不慮の死」防ぐ事業に制約課す厚労省のなぜ

厚労省が出した新たな条件に失望の声

藤田香織さん(41)は、横浜市の中心部に法律事務所を構える。弁護士として、数多くの児童虐待事件や少年事件を手がけてきた。現在、日本弁護士連合会子どもの権利委員会事務局次長や、神奈川県児童相談所の非常勤弁護士を務め、CDRとの関わりも深い。

そもそもCDRは、子どもの虐待死を見逃さないようにするために1970年代にアメリカで発祥した歴史がある。日本にこの制度を取り入れようと努めてきた小児科医の中には、藤田さんと同じく虐待問題の専門家も少なくない。

CDRは、医療、警察、教育、福祉など多機関が関わるのが特徴だ。そこで情報を共有し、死に至った経緯を明らかにし、予防策を考える。乳児から18歳未満の子どもの死のすべてを扱う。対象も、窒息や転落など不慮の事故死、交通事故、自死と幅広い。検証には、人口動態調査に用いられる「死亡小票」を利用し、追加情報が必要な場合は、警察や死亡を確認した医療機関に問い合わせる。

ところが、厚労省作成のモデル事業の手引きは、2年目に新たな条件を付け加えた。

CDRを進める際には①遺族の同意が必要、②警察の捜査情報は共有しない、③司法解剖の結果は対象としない、という3点を明示したのである。

検証の質と量を左右する「手引き」。2年度目の変更については、モデル事業に関わった人々から失望の声が上がった。これで、はたして効果的な予防策を打ち出せるのだろうかといぶかしく思うような改訂だ。

次ページ警察の捜査情報を共有せずにCDRは成り立つのか
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT