相手の気持ちを察し、自分本位を慎む--『誰も教えてくれない男の礼儀作法』を書いた小笠原敬承斎氏(笠原流礼法宗家)に聞く


──食事の作法にも詳しいようです。

食事の作法でその人の印象が決まることはとても多い。食事は食欲と結び付いており、欲という言葉が使われるぐらい、その人の本質が見えるもの。たとえば、伝書の中には「貴人を見合わせて喰うべし」とある。食事のペースをすべて相手と合わせるのが大事と。それも、話に没頭してしまって、せっかく出されたものの時機を逸して食するのでは、作り手に対する感謝もなくなる。食事を進めていくスピードも心掛けよ、とある。

──箸の遣い方も大事な点ですね。

ただ単に堅苦しいことを言っているのではない。正しい箸遣いは、箸先を汚さず合理的で、細かいものを取る、裂く、ちぎるなどの動作が容易になる。「箸先五分、長くて一寸」といわれる。箸先の汚れは少ないほどよい。同席者がこちらの箸先に視線を向けた際、不快な印象を与えずに済む。渡し箸も気をつけるのに越したことはない。最低限のルールは守りながら、カジュアルな席では楽しく食事を進める。正式な作法をすべてにわたって使いなさいというのではなくて、省略するところと、そうでないところを見極める判断力が大事となる。

──姿勢においては「胴つくり」がキーワードですか。

胴つくりとは正しい姿勢を取るということ。前後左右に傾くことなく、どんな状況でも安定した姿勢を取っておく。この胴つくりについてぜひ伝えたいのは、表情が姿勢の一部であり、目は心の窓といわれ、心のありようは目や表情に出てくるということ。

もちろん口角だけを上げて笑顔を作ろうとすると、どうしても冷たい印象になる。目を通じて気持ちを伝える。その際、心の安定がないと、姿勢に反映させることはできない。気持ちが入っていないと、胴つくりは完成しているとはいえない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT