相手の気持ちを察し、自分本位を慎む--『誰も教えてくれない男の礼儀作法』を書いた小笠原敬承斎氏(笠原流礼法宗家)に聞く


──食事の作法にも詳しいようです。

食事の作法でその人の印象が決まることはとても多い。食事は食欲と結び付いており、欲という言葉が使われるぐらい、その人の本質が見えるもの。たとえば、伝書の中には「貴人を見合わせて喰うべし」とある。食事のペースをすべて相手と合わせるのが大事と。それも、話に没頭してしまって、せっかく出されたものの時機を逸して食するのでは、作り手に対する感謝もなくなる。食事を進めていくスピードも心掛けよ、とある。

──箸の遣い方も大事な点ですね。

ただ単に堅苦しいことを言っているのではない。正しい箸遣いは、箸先を汚さず合理的で、細かいものを取る、裂く、ちぎるなどの動作が容易になる。「箸先五分、長くて一寸」といわれる。箸先の汚れは少ないほどよい。同席者がこちらの箸先に視線を向けた際、不快な印象を与えずに済む。渡し箸も気をつけるのに越したことはない。最低限のルールは守りながら、カジュアルな席では楽しく食事を進める。正式な作法をすべてにわたって使いなさいというのではなくて、省略するところと、そうでないところを見極める判断力が大事となる。

──姿勢においては「胴つくり」がキーワードですか。

胴つくりとは正しい姿勢を取るということ。前後左右に傾くことなく、どんな状況でも安定した姿勢を取っておく。この胴つくりについてぜひ伝えたいのは、表情が姿勢の一部であり、目は心の窓といわれ、心のありようは目や表情に出てくるということ。

もちろん口角だけを上げて笑顔を作ろうとすると、どうしても冷たい印象になる。目を通じて気持ちを伝える。その際、心の安定がないと、姿勢に反映させることはできない。気持ちが入っていないと、胴つくりは完成しているとはいえない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT